裾野ナビ

〜裾野市民のための生活情報サイト〜

*

【伊豆】源頼朝が幽閉されて北条政子と出会った源氏旗上の地「蛭ヶ島公園」

   

IMG 4457

 以前から歴史好きですが、最近特に歴史が好きになってきました。歴史を学ぶと大好きな旅行がさらに楽しくなるからです。

 この「蛭ヶ小島」も大したことない公園ですが、歴史を勉強してから行くと、いろんなことに思いを巡らせられる場所に変わります。

 

◆蛭ヶ島公園の基本情報

名称   :蛭ヶ島公園
場所   :静岡県伊豆の国市四日町17-1
電話番号 :055-949-5582
施設    :トイレ、芝生広場、喫茶

 裾野からは30分くらいで到着します。伊豆縦貫道ができたのでアクセスがとても良くなりました。

 

◆蛭ヶ島公園の歴史

 蛭ヶ島公園は「蛭ヶ小島」という名前で源頼朝の流刑地として知られています。平家が京の都で挙兵して源氏が負けた後、源頼朝はこの蛭ヶ小島に追い出されました。しかし、この地で源頼朝を監視していた北条家の娘である北条政子と恋に落ち、北条家を逆に味方につけて、平家を倒すために立ち上がった土地として蛭ヶ小島は知られています。

 蛭ヶ小島という名前なので、昔は川の間にある島だと思っていましたが、ウィキペディアを読むと川はもっと離れた場所にあり、実際には湿地の中にあるちょっとした高地だったんじゃないかと考えられているそうです。

 さらに、発掘調査でも弥生、古墳時代のものは発掘されるが、平安時代末期の遺構は発掘されていないため、この地に建物があったかどうかは不明とのことでした。

 しかし、ここかこの近くで源頼朝が鎌倉幕府をつくるための、大きな運命の分かれ道になったということは変わらないです。

 詳細は「北条政子」に詳しく書かれています。

◆蛭ヶ島公園の様子

 看板やナビを頼って行かないとわからないほど小さな公園です。

 思ったよりもきれいに整備してあり、駐車場もあります。

IMG 4433

 公園の中には江戸時代中期の農家の建物「上野家住宅」が移築されていて、内部には民具や農具などが展示されていて歴史民俗資料館になっています。

IMG 4435

 公園内には大きな石碑が立っていて、「源頼朝公配流の地」と書かれていました。

IMG 4445

 周りを見ると一面田んぼが広がっています。

IMG 4458

 この景色は今も昔も対して変わらず、源頼朝も同じような景色を見ていたんだろうとか思えてきます。流刑の地と言われていますが、なんだか田舎暮らしみたいでちょっと楽しいのかもしれません。

 公園の中には休憩所兼喫茶があり、中ではちょっとした食事やおみやげが買えるようになっています。

IMG 4450

 中に入るとお茶を出してくれました。

IMG 4461

 古民家のような作りになっていて、天井からぶら下がっている鉄瓶が良い味を出していました。落ち着く雰囲気です。

 メニューはおにぎりや稲荷ずし、おしるこ、コーヒーなどの喫茶系が中心です。

IMG 4451

 敷地内のちょっと小高くなっているところに源頼朝と北条政子の像が立っていました。 

IMG 4457

 源頼朝と北条政子が結ばれた地として、縁結びを押していました。二人が結ばれた年は源頼朝31歳で、北条政子21歳だったそうです。意外と年の差があったんですね。

 源頼朝はこの地に来て最初は別の人と結ばれて、子どもまで作ったのですが、その娘の親は頼朝を監視する役目の人だったため、娘と分かれさせて子どもまで殺してしまいました。そして、今度は同じく監視役の娘である北条政子に手を出しますが、このときは北条政子の親は反対しないで、逆に源氏が挙兵するために力になってくれたそうです。

 最終的には、頼朝の血が絶えてしまい、北条家が執権として鎌倉幕府を牛耳ることになるので、先見性があったと言えるかもしれません。

 2012年の大河ドラマ「平清盛」でもこの蛭ヶ小島のシーンが出てきました。知らずに寄ってもつまらないと思うので、勉強してから行くことをおすすめします。

 近くには世界遺産に申請している「韮山反射炉」もあるので、合わせて行ってみると面白いと思います。

 - 伊豆, 公園, 史跡 , , , ,