室内スポット 美術館 長泉

「クレマチスの丘 IZU PHOTO MUSEUM」に行ってきた

投稿日:

IMG 8426

 長泉のクレマチスの丘にある「伊豆フォトミュージアム」に行ってきました。

 落ち着いた雰囲気のなかで、静かに写真を楽しむことができる場所でした。

伊豆フォトミュージアムの基本情報

・名称  :IZU PHOTO MUSEUM
・住所  :静岡県長泉町東野クレマチスの丘347−1
・電話番号:055−989−8780
・開館時間:5月 10:00~18:00(季節によって変更有り)
・休館日 :水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
・入館料 :大人 800円
      高大 400円
      小中 無料
・駐車場 :有り(無料)
・HP   :伊豆フォトミュージアム公式

 伊豆フォトミュージアムは長泉町のクレマチスの丘の中にあります。入り口はヴァンジ彫刻庭園美術館の向かい側にあります。

IMG 8424

 きれいなアプローチを抜けると美術館の入り口があります。

 伊豆フォトミュージアムの内装と坪庭を手掛けたのは、現代美術家として有名な杉本博司さんです。杉本さんは熱海のMOA美術館の内装デザインにも関わった方だそうです。

 入り口で入場料を支払って入館するのですが、今回はクレマチスの丘のファミリーカードを持っていたので、無料で入館することができました。

 伊豆フォトミュージアムには常設展示はなく、毎回企画展で作品が展示されています。

 このときは「テリ・ワイフェンバック」というアメリカの写真家の個展でした。

 前半は自然の美しさを、あえてぼかして撮影することで表現した作品でした。

 後半は紛争が続くパレスチナの地で作られた押花帳を撮影した作品。

 後半は富士山や柿田川の湧水を写真と映像で表現した作品でした。

 個人的にはナショナルジオグラフィック系の自然や動物などの写真が好きなので、今回の企画はまあまあでした。

 調べずに行ったのですが、どんな展示内容か事前に調べて行くと良さそうですね。

 以前、河口湖美術館のナショナルジオグラフィックの展示はかなり楽しめたので、気に入った展示ならもっと楽しめたでしょう。

 

まとめ

 伊豆フォトミュージアムについてまとめると、

・常設展示がない
・建物の内装と坪庭は杉本博司氏が手がけた

という感じでした。

 半年に一度くらいの頻度で展示内容が変わっているので、次回もまた来てみたいですね。 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事!

1

今年は温かいので、暖冬になりそうですね。 暖冬ならいつもよりも外出が多くなりそうで、楽しみです。 12月はクリスマスシー ...

2

お正月休みは毎年夫婦の実家に帰って終わることが多いのですが、毎年悩むのが「手土産」です。そこで、自分が毎年困らないために ...

3

秋は紅葉のシーズンですね。山の木々が赤く色づいてくる様子はとても美しいものです。 富士山周辺の市町村は、自然が豊かで紅葉 ...

4

静岡県東部で子どもにおもちゃを買うならまず長泉のトイザらスにいきますよね。 クリスマスシーズンになると、クリスマスプレゼ ...

5

最近は、セブンイレブンやイオンなどどこでもクリスマスケーキが購入できますね。 でも、どうせ食べるなら専門店のケーキが食べ ...

-室内スポット, 美術館, 長泉
-, ,

Copyright© すそのナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.