まとめ 美術館

【静岡県の美術館 38ヶ所】を紹介!国宝の展示や作者本人に会える美術館も

更新日:

NewImage

静岡県内には多数の美術館があり、その中には有名な美術品を収蔵しているところも多く、国宝も見ることができます。

クレマチスの丘やMOA美術館など雰囲気の良い美術館はデートにもおすすめです♪

そんな静岡県内の美術館をまとめてみました。

行ったことがある美術館でおすすめの場所には★をつけておきましたので、参考にしてみてください。

【三島】佐野美術館

国宝や重要文化財を含む刀剣や絵画、茶器など約2500点の作品を収蔵している美術館です。

徳川四天王の一人である本多忠勝が使っていた日本三名槍の一つである「蜻蛉切」は佐野美術館に寄託されていて、企画展で展示されていました。

刀剣に関する企画展が多いです。

入館料は展覧会によって異なりますが、大人1,000円ほどです。

★【三島】TATSU’S GALLERY

絵本作家「みやにしたつや」さんの世界観を表現したギャラリーで、室内には作品に出てくるキャラクターの人形が多数展示してあります。

壁には原画も飾ってあり、見どころがあるのですが、一番の見どころは「本人」。

こちらではオープンしているときには常に「みやにしたつや」さん本人がいて、購入した本へのサインや記念写真を快く引き受けてくれます。

入館料は無料ですが、本人が忙しいためなかなかオープンしていない幻のギャラリーです。

【沼津】モンミュゼ沼津 沼津市庄司美術館

絵画を中心に収蔵している美術館です。

地域の芸術家作品を展示する展覧会もしています。

入館料は大人200円です。

★【長泉】クレマチスの丘 ベルナール・ビュフェ美術館

ベルナール・ビュフェの作品を2000点以上収蔵している美術館です。

多数のビュフェ作品を年代別に見ていくと彼の心の中の移ろいがわかるような感じがします。

油絵で描かれる力強い直線を使った作品が魅力的でした。

館内には子供が遊びながらビュフェ作品やアートに触れることができる「ビュフェこども美術館」もあります。

入館料は大人1,000円で、クレマチスの丘の他の施設との共通券もあります。

★【長泉】クレマチスの丘 ヴァンジ彫刻庭園美術館 クレマチスガーデン

順路を芝生の庭園や建物の中を通って敷地内をめぐりながら彫刻作品を楽しむことができます。

広々とした空間で自然の風景に癒やされながら彫刻を楽しむことができます。

天気の良い日に行くのがおすすめです。

入館料は1,200円で、クレマチスの丘の他の施設との共通券もあります。

【長泉】クレマチスの丘 IZU PHOTO MUSEUM

常設展示はなく、毎回企画展の展示になるフォトミュージアムです。

入館料は800円で、クレマチスの丘の他の施設との共通券もあります。

【函南】かんなみ仏の里美術館

地域で守られてきた平安時代や鎌倉時代の仏像を保管、展示する美術館です。

入館料は大人300円です。

【熱海】MOA美術館

日本美術を中心とした膨大なコレクションを誇る大型の美術館です。

3点の国宝があり、その中でも尾形光琳の「紅白梅図屏風」は素晴らしく、ぜひ見て欲しい作品ですが、定期的にしか展示していないので注意が必要です。

広い館内と外にある尾形光琳の家を再現した建物など、見る場所がたくさんあってじっくり見て回るには半日以上かかります。

美術品も素晴らしいですが、未来的な感じがする長く続くエスカレーターなど建物の魅力もあります。

熱海の山の上にあり海がとてもきれいに見えるので、晴れた日に来館するのがおすすめです。

入館料は大人1,600円です。

【熱海】戸田幸四郎絵本美術館

子供にわかりやすいシンプルな絵柄が魅力の絵本作家「とだこうしろう」が建物、庭などをすべてデザインした美術館です。

絵本の原画などを多数展示しています。

入館料は大人720円です。

【熱海】熱海トリックアート迷宮館

絵の前や上に立つとまるで絵の中に入ってしまったかのように見えるトリックアートをテーマとした美術館です。

目の錯覚を利用した面白い写真が撮れます。

入館料は大人900円です。

【熱海】澤田政廣記念美術館

熱海出身の芸術家澤田政廣の作品を展示している美術館です。

木彫作品、絵画、版画、陶芸、書などの多岐にわたる領域の作品を楽しむことができます。

入り口天井のステンドグラスの下は、手をつなぐといつまでも幸せになれると人気のパワースポットです。

入館料は大人320円です。

【伊東】小室山 森のぞうがん美術館

象嵌(ぞうがん)とは一つの素材に異質の素材をはめ込むことで、こちらの美術館では、木を材料にして別の木をはめ込んで作られた作品を展示しています。

作品作りの体験も楽しむことができます。

入館料は大人300円です。

【伊東】池田20世紀美術館

20世紀に制作された人間をテーマとする絵画、彫刻を中心に約1400点収蔵している美術館です。

ピカソ、シャガール、ダリ、ウォーホル、などの海外巨匠の大作を多数展示しています。

入館料は大人1,000円です。

【伊東】伊豆高原ステンドグラス美術館

イギリスから譲り受けた1800年代中心のステンドグラスを建物に使用して展示しています。

アンティークのオルゴールやパイプオルガンの音色、アロマの香りと共にステンドグラスからそそぐ幻想的な光を楽しむことができます。

入館料は大人1,100円です。

【伊東】トンボ玉工芸館

世界のトンボ玉とビーズワーク、古代のガラス製品を展示しています。

入館料は大人300円です。

【伊東】高橋京子花の絵美術館

花や野草などの植物の絵「ボタニカルアート」の美術館です。

入館料は大人800円です。

【伊東】村上康成美術館

絵本作家「村上康生」の作品を展示している美術館です。

入館料は大人800円です。

【伊東】伊豆高原メルヘンの森美術館

 meruhenart.com 
Goope(グーペ)で作成されたページは見つかりませんでした。

メルヘンの世界に浸ることができる、ぬくもりのある絵画を約130点展示している美術館です。

常設展示では「渡辺あきお」「坂本カズシ」の作品を展示しています。

入館料は大人800円です。

【伊東】伊豆ろう人形美術館

石原裕次郎やチャップリン、マリリン・モンローなどの世界各国の有名人のろう人形が展示されています。

ビートルズの演奏風景やレオナルド・ダ・ヴィンチの最期の晩餐などを、複数のろう人形を使って再現しています。

入館料は大人1,000円です。

【伊東】人形の世界ミュージアム

世界各国から集められたいろいろな種類の人形600点を展示してる美術館です。

パンダ、ネコ、クマなどの動くからくり人形もあります。

入館料は大人600円です。

【伊東】伊豆高原 象牙と石の彫刻美術館(ジュエルピア)

細かく精密に彫り込まれた象牙や翡翠などの彫刻作品を展示している美術館です。

入館料金は大人1,200円です。

【伊東】創作人形館ミワドール

美輪輝子さんの人形作品を展示している美術館です。

入館料は大人700円です。

【伊東】ワイルドスミス絵本美術館

「マザーグース」や「ABC」などで有名なイギリスの作家ブライアン・ワイルドスミスの原画や作品を展示している美術館です。

調査時には休館中でした。

入館料は大人1,000円です。

【伊東】喜田川昌之わらべ絵館

どこか懐かしい子供の頃の風景を描いた作品を展示している美術館です。

入館は大人700円です。

【伊東】野坂オートマタ美術館

18〜19世紀のヨーロッパの王侯貴族に愛された機械仕掛けの人形「オートマタ」を展示している美術館です。

入館料は大人1,000円です。

【松崎町】伊豆の長八美術館

松崎町出身の左官職人「入江長八」の作品を展示している美術館です。

国内でも珍しい漆喰を使った作品62点を展示しています。

入館料は大人500円です。

【静岡】静岡市美術館

静岡駅の駅前にある葵タワーの3階にある美術館です。

常設展示はなく、絵画や陶器、歴史遺産、工業デザイン、さらにはスターウォーズなど特定のジャンルにとらわれない、幅広い企画展を開催しています。

入館料は展覧会で異なります。

★【静岡】静岡県立美術館

静岡県ゆかりの作家や国内外の現代美術作品が収蔵されています。

ロダン館にはロダン考える人をはじめとした多くの彫刻作品が展示されています。

料金は大人300円で、企画展を見るには別途料金が必要です。

【静岡】静岡市東海道広重美術館

東海道の宿場町「由比宿」の本陣跡に立つ美術館です。

歌川広重の絵を収蔵していて、有名な「東海道五十三次」もあります。

入館料は大人510円です。

【掛川】掛川市二の丸美術館

掛川城の敷地内にある美術館です。

収蔵品は精密工芸品、近代絵画、たばこ道具、印籠、刀装具、書画などがあります。

入館料は大人200円です。

【掛川】掛川市ステンドグラス美術館

19世紀イギリスのヴィクトリア朝時代の作品約70点と、フランスのバラ窓10点を収蔵、展示している美術館です。

本来は教会の窓草食として使用されていたステンドグラスを視線の高さで間近に見れるように展示方法を工夫しています。

入館料は大人500円です。

★【掛川】資生堂アートハウス

絵画や彫刻、現代工芸などの作品を展示しています。

敷地内には同じく資生堂が運営する「資生堂企業資料館」もあります。

入館料はどちらも無料です。

【掛川】ねむの木こども美術館「緑の中」「どんぐり」

 www.nemunoki.or.jp 
http://www.nemunoki.or.jp/kmuseum/

女優の宮城まり子が設立した肢体不自由児のための養護施設「ねむの木学園」の子供たちが描いた絵を集めた美術館です。

敷地内には2つの美術館があり、「緑の中」の館内には子供たちの絵120点が展示されていて、「どんぐり」の方は宮城まり子の原画、友禅などを展示しています。

入館料は大人600円です。

【磐田】シルクロード・ミュージアム

土器や陶器、ガラス器、コイン、ガンダーラ様式の仏像やレリーフなどを展示している美術館です。

古民家を再生した施設を使っていて、建物も見応えがあります。

入館料は大人900円です。

【浜松】浜名湖舘山寺 美術博物館

絵画、書、茶道具などの日本の美術工芸品を収蔵していて、数ヶ月ごとにテーマを変えて展示しています。

入館料は大人300円です。

【浜松】平野美術館

常設展がなく時期によっていろいろな展覧会を行っている美術館です。

入館料は大人500円です。

【浜松】秋野不矩美術館

浜松出身の日本画家「秋野不矩」の作品を紹介、展示している美術館です。

自然の素材を活かして風景との調和を考えた建物も見どころです。

入館料は通常の収蔵品展が大人300円で、特別展、企画展は別料金になります。

【浜松】浜松市美術館

浮世絵、彫刻、工芸、絵画などを収蔵する美術館です。

定期的に企画展が開催されています。

入館料は大人300円で、特別展、企画展は別料金です。

 

スポンサーリンク

関連記事

-まとめ, 美術館
-,

Copyright© すそのナビ , 2019 All Rights Reserved.