ランチ ラーメン 沼津

『らーめん銕(くろがね)』仲見世商店街で濃厚スープとおじや飯を堪能

更新日:

沼津の仲見世通り商店街の中にあるラーメン屋「らーめん銕(くろがね)」の紹介です。

チャーハン専門店の「蕣」というお店の跡地に2020年2月にオープンしました。

「あっさり」「こってり」「まったり」の3つのスープから選ぶことができる本格ラーメン店で、シメに食べる「おじや飯」もおすすめですよ!

らーめん銕(くろがね)の基本情報

名称   :らーめん銕(くろがね)
住所   :静岡県沼津市大手町5-8-2
電話番号 :055-919-1029
営業時間 :11:00~15:00(日曜は17:00~21:00も)
定休日  :金曜日
駐車場  :無し
HP      :公式サイト

※お店の具体的な情報が少ないので、こちらの情報と実際の情報が違っている可能性が高いです。

 

らーめん銕(くろがね)と言えば沼津の香貫山の方にあったのですが、そちらは「釛(こがね)」という名前に変わったようです。

▼以前の銕の記事はコチラ

関連記事
「らーめん銕(くろがね)」(沼津市)とんこつ濃厚スープかあっさり鳥スープが選べるお店、平日ランチセットがお得

久しぶりにラーメンが食べたくなり、以前から気になっていた沼津の銕(くろがね)というお店へ。 ここはラーメン屋に詳しい知り合いに教えてもらったお店ですが、さすがにいろいろな店を知っているだけあって、今回 ...

続きを見る

 

今回紹介する銕は元々チャーハン専門店の「蕣」(シュンと読むのかな?)というお店があった場所です。

「らーめん銕」の営業時間は15時までと昼だけの営業ですが、夜になると「ゆるり」という居酒屋の業態になります。

店内には居酒屋っぽいお酒のメニューが貼ってありました。

店内はきれいな和風居酒屋風の内装で、カウンター席のほかにテーブル席もあるのでグループでの来店でも大丈夫です。

子連れで食事に来ている人もいました。

日曜日のお昼時でしたが、特に混雑もなく普通に入店できました。

テーブルに着席するとグループ店舗の案内が。

サントムーン柿田川でピザ屋もやっているんですね。

 

ラーメンメニューはこだわりの3種類のスープ

ラーメンのメニューは大きく分けて3種類。

メニュー一例

  • あっさりの鰹 850円
  • あっさりの鰹(豪華4点盛り)1,200円
  • まったりの鶏 750円
  • まったりの鶏(豪華4点盛り)1,100円
  • こってりの豚 800円
  • こっってりの豚(豪華4点盛り)1,150円
  • 季節限定 900円
  • 水餃子 400円
  • 炒飯 600円

メニューに「炒飯専門 蕣」の文字があったので、同じ場所以前営業していたチャーハン専門店は同じグループの店舗のようですね。

となると気になるのはメニューの炒飯ですが、残念ながらこの日は炒飯はまだやっていないとのことでした、、、

 

最終的に今回注文したのは「まったりの鶏 基本」「こってりの豚 味玉」「水餃子5個」です。

 

ラーメン注文でご飯・漬物食べ放題!

メニューに「ラーメン注文でご飯・漬物食べ放題!」と書いてあったので、ラーメンが来る前に早速チェックしにいきました。

炊飯器の中にはご飯が入っていて、その横には3種類の漬物、だし粉、肉味噌、昆布の佃煮があります。

お腹が空いていたので、ラーメンが来る前にフライングでご飯をいただきました。

漬物はさっぱりしていて良いですね。

ネギも入っている肉味噌はご飯がすすむ一品。

ラーメン屋に行くとセットのご飯ものをいつも注文していましたが、これがあればラーメンだけでも十分です。

 

個性の違う2つのラーメンスープ

しばらくして「まったりの鶏」が運ばれてきました。

鶏のダシがしっかりと出ている濃厚だけどクリーミーなスープ。

具材は「鶏のチャーシュー、海苔、ネギ、紫玉ねぎ」です。

麺は中太ストレート麺で、濃厚なスープに程よく絡んでくれます。

クリーミーでマイルドなスープに辛味のある新鮮なネギと玉ねぎが程よく刺激をくれます。

鶏のチャーシューはシンプルな味付けでさっぱりしていました。

 

こちらは「こってりの豚 味玉」。

豚骨の脂はこってりですが、豚の甘みを感じるスープはコクがあるけどしつこくありません。

こちらの具材は「豚のチャーシュー、ネギ、海苔、ほうれん草、味玉」です。

鶏のスープには鶏のチャーシュー、豚のスープには豚のチャーシューとスープに合わせた肉が食べれます。

 

どちらのラーメンもバランスが良くて甲乙つけがたい。

どちらを選んでも失敗しないので、気分に合わせて食べたいものを選びましょう!

 

餃子が食べたかったのですが、焼き餃子がなかったので水餃子を注文しました。

水餃子はダシのきいた醤油ベースの汁と一緒に小さな熱々の鍋に入って運ばれてきました。

餃子の中身は肉ではなくエビが入っているようで、プリプリした食感と野菜の甘みを感じました。

 

シメは先程のおかわり自由のご飯を使った「おじや飯」。

見た目が悪いので画像はスープをかける前ですが、ご飯+肉味噌+ダシ粉+昆布の佃煮に残ったラーメンスープをかけていただきました。

 

濃厚で具だくさんのおじやはシメに最高!

ご飯モノなのでボリューム的にも満足できました。

 

まとめ

らーめん銕についてまとめてました。

まとめ

  • 沼津駅前の仲見世通り商店街にある
  • 炒飯専門店の跡地
  • ラーメンは3種類
  • 鰹、鶏、豚のスープ
  • ご飯、漬物おかわり自由
  • 濃厚なスープと中太ストレート麺
  • シメはおじや飯

コクのある濃厚なスープと歯ごたえのある麺、そしてシメには肉味噌を入れたおじや飯が堪能できる満足できるラーメンでした。

 

食後は久しぶりに仲見世通り商店街をぶらぶら。

とはいえ、多くの店が閉まっていて、さらに大好きな本屋「マルサン書店仲見世本店」の3階が封鎖されていて、実質売場が1,2階だけになっていて残念でした。

駅前の活気がどんどんなくなっていくのはやっぱり悲しい気持ちになりますね。

スポンサーリンク

関連記事

-ランチ, ラーメン, 沼津

Copyright© すそのナビ , 2020 All Rights Reserved.