動物とふれあう 動物園 子連れスポット 静岡中部

『日本平動物園』(静岡市)は旭山動物園のような迫力のある展示が見られる

更新日:

静岡市立 日本平動物園|トップページa

裾野市民にとって動物が見られるところと言えば「富士サファリパーク」だと思いますが、静岡には他にも動物園があります。なかでも有名なのが「日本平動物園」。

ドライブがてら子供を連れて日本平動物園に行ってきました。

日本平動物園の基本情報

・名称  :静岡市立 日本平動物園
・住所  :静岡県静岡市駿河区池田1767番地の6
・電話番号:054-262-3251
・営業時間:9:00~16:30(入園~16:00)
・駐車料金:610円
・入園料 :610円 小中 150円
・HP  :公式サイト 

 

アクセス

日本平動物園は裾野から行く場合、高速を使えば1時間ちょっとで到着します。この前行った時には沼津から新東名に入って、清水ジャンクションで東名に入り、清水インターで降りて後は下道を走りました。

高速で行ってみると意外と近くてびっくりです。

 

駐車場

駐車場は全部で4つあります。正面ゲートに一番近いのはP1ですが、P3やP4の近くには東門があり、こちらからも入ることができるので問題ないです。P2は入り口から遠いので注意が必要です。

 

P1 に行くには周りこんで行く必要があり、よくわからなかったのでとりあえず看板の通りに進んで行って到着したP3に車を停めました。

IMG 9663

駐車料金は610円で出るときに払います。入園料は安いですが、駐車料はまあまあするんですね。

 

こちらが東門。ここで入園料を支払います。

IMG 9666

 

ふれあい動物園 

東門を出て最初にあるのは「ふれあい動物園」。

IMG 9669a

ここではいろいろな動物を触れたりします。

奥に建物があって、そこでは「うさぎ」「ひよこ」「モルモット」を触ったり抱っこできたりする場所がありました。

IMG 9671

1歳半のうちの子供に触らせようとしたのですが、怖いからなのか完全拒否。なんとかなだめてちょっとだけうさぎをなでましたが、まあ楽しくなさそうな感じでした。

外には手洗い場がちゃんと整備してあって、なかなか便利。

 

他には馬が軽やかに走っていました。

IMG 9679

 

レストラン

お昼前だったのですが、混む前に先にご飯を食べてしまおうということで、東門の近くにあったレストランに入りました。

IMG 9680

広くて開放感のあるレストランです。

IMG 9681a

自動販売機で食券を買うシステムになっていて、買った食券をカウンターに出して待っていると呼ばれるのでご飯を取りにいきます。

 

こちらは子ども用の「しろくまカレー」(400円)。

IMG 9682

子ども用のカレーということでフルーツなどを使って煮こまれているようで、あまくてうちの子供もガツガツ食べていました。

 

こちらは大人用のカツカレー(750円)。

IMG 9683

ルーにはちゃんと具も入っていて、カツもサクサクでなかなか美味しい。そこまで辛くはなくこの値段でこれなら完全に「あり」です。

 

こちらはカルボナーラ(650円)。

IMG 9684

ちょっと具が少ないですが、濃厚クリームでこれも美味しい。

値段の割に満足できるレストランでした。

 

猛獣館299

次は近くにあった「猛獣館299」に行ってみました。「299ってなんだろう?」と思ったのですが、もしかしたら「にくくう(肉食う)」って意味なのかも。

猛獣館は建物になっていて、動物を立体的に見ることができます。びっくりしたのは動物との距離。

IMG 9691

昔の動物園は動物との間は深い溝があって遠かったのですが、ここはガラスになっているのでライオンがガラスに近づいてくると間近で見ることができてかなりの迫力。目が合うと食べられそうに感じるほど。

これだけでも来てよかったと思える展示方法でした。しかも建物の中なので涼しくて快適です。

 

立体的になっているので、岩の上にいるトラが動かないときには2階にいけばより近づいて見ることができます。

IMG 9689

旭山動物園から流行り出したと思われるアザラシのこの展示方法も、迫力があって近くで見ることが出来て楽しいです。

IMG 9703

 

猛獣館299から出ると外にはアメリカバイソンや象がいました。家では絵本で象を見ると「ぞう、ぞう」と言う子供が本物の前ではなぜか静か。本物はちょっと怖いのかもしれません。

IMG 9705

キリンを子供に見せてあげたかったのですが、残念ながらいませんでした。

 

ところどころに室内の休憩所が設置してあり暑い日には助かります。

IMG 9706

 

芝生の広場ではレジャーシートを広げてお弁当を食べている人も。

IMG 9713

やっぱり動物園と言えばお弁当ですよね。

 

日本平動物園は山に作られているので歩くのがちょっと辛いです。

IMG 9714

ただ、道は整備されていて段差などないように考えられているため、ベビーカーでも問題なく移動できそう。ベビーカーを持っていない人用に300円で貸出もしていました。

 

ビジターセンター

半分くらい周って正面ゲート近くの「ビジターセンター」まで来ました。

IMG 9717

ここでは企画展や動物に関する資料の展示があります。蛇の骨とか動物の骨格標本は見ていて意外と楽しいです。

 

清水出身ということでお馴染みの「さくらももこ」の絵が飾ってありました。

IMG 9718

こちらが第1駐車場のすぐ近くの「エントランスゲート」。

IMG 9724

大きな屋根の下にはテーブルや椅子があり、休憩できるようになっていました。結構歩いて疲れたので、ここで屋台でちょっとおやつを買って休憩。

 

ここにはお土産屋もあって、動物関係の人形やぬいぐるみなどが売られていました。

IMG 9720

ちょっと休憩してから次はペンギンを見に。

IMG 9726

ペンギンのプールを真横に行くこともできて、かなり近くでペンギンを見ることができます。

IMG 9727

 

爬虫類館

ペンギン館のとなりには「爬虫類館」が。

IMG 9732

亀と蛇が多いです。亀の水槽にはいろんな種類の亀が元気よく泳いでいてちょっと異様な光景でした。蛇も迫力があってここはなかなか見応えがあります。

 

展望広場

爬虫類館から進んで行くと乗り物に乗れる遊園地があり、その向かい側は斜面になっていて、「オートチェア」という乗り物を使って上に登れるようになっています。

 

片道100円を払って展望台に来るとなかなかの景色。

IMG 9737

晴れていると富士山が見えるそうですが、この日はちょっと曇り。残念。

とにかく風が気持ちよかったので昼寝が気持ち良かったですが、レジャーシートを持ってこなかったことを悔やみました。

 

ここには「不思議な森の城」という建物があります。

IMG 9736

中には子供たちが動物の「きぐるみ」を来て動物になりきって遊べる場所があります。

IMG 9751a

子連れにはなかなか良い撮影スポットですよ。

2階もあって、2階には立体的な遊具が。

IMG 9753

暑い日にはここで少し涼むと良いかもしれません。

 

帰りにはもう100円払って「オートチェア」で下に降ります。

IMG 9760

他にも遊歩道で降りる道があり、遊歩道は無料です。ローラースライダーもあるのですが、子供が小さすぎてだめ付き添ってもだめでした。サンダルもダメだそうで、滑れず残念がっている人がいました。

 

あとは、さる、オラウータン、サイ、夜行性動物、水鳥などを見て帰りました。

10時半くらいに来て15時くらいまで楽しみました。ゆっくり見ればもっと楽しめたのですが、子供がずっと怖がって常に抱っこしていたのでこちらが疲れてしましました。

 

まとめ

日本平動物園についてまとめると、

・入場料が安い
・ベビーカーでも楽なフラットな道
・猛獣館を近くで見ることができる
・リニューアルしたのかきれいになった
・レジャーシートがあるとのんびりできるかも

という感じです。久しぶりの動物園で子供よりも大人が楽しんだ気がします。

 

追記 2017年5月

先日行ったときは、ホッキョクグマが水槽の中でぐるぐる回って遊んでいました。

IMG 7912aa

かなりの迫力で、ホッキョクグマを間近に見ることができました。

鳥のドームは間近を鳥が飛んでいくので、こちらも迫力がありました。

IMG 7917

日本平は何回行っても楽しいですね。

 

 

スポンサーリンク

今月のおすすめ記事!

1

梅雨が開けてだんだんと暑くなってくる7月。 子供も夏休みに入るので、家族でお出かけをする機会も増えますね。 そこで、7月におすすめのお出かけスポットについてまとめました。 暑い時期なので、水遊びなどの ...

2

西伊豆の「田子瀬浜海岸」というところに行ってきましたが水の透明度がすごい!! 伊豆でも青い海って見られるんだと感動しました。 石が多い海岸ですが、その分カニやヤドカリ、魚などの生き物が豊富なので、子供 ...

3

以前から行きたかった沼津市にある「らららサンビーチ」。 水の透明度は高く、生き物も多くいて、ライフセーバーもいる安全な海水浴場で、大満足でした。 子連れで行くには最高の海水浴場でしたが、その理由を説明 ...

4

暑い時期は子どもを連れて遊びに行くなら水遊びができる場所のほうが良いですね。子どもは水で遊んで涼しいですし、おもいっきり遊べば夜はしっかり寝てくれますし。 そこで、裾野とその周辺、三島、沼津、御殿場、 ...

5

2018年に行った場所、食べたものなどいろいろなことを記事にしてきました。 その中から特におすすめの店、何度も行きたい場所などをピックアップして厳選記事として紹介します。 お出かけの参考にしてみてくだ ...

-動物とふれあう, 動物園, 子連れスポット, 静岡中部
-,

Copyright© すそのナビ , 2019 All Rights Reserved.