裾野ナビ

〜裾野市民のための生活情報サイト〜

*

口コミで評判の「前川産婦人科クリニック(長泉町)」で出産 その.4〜分娩・出産〜

   

IMG 5388

 実際に前川産婦人科クリニックで出産したときのことを書きたいと思います。

 陣痛が夜中に来て明け方の出産になりましたが、無事にとても楽しく安心して出産することができました。

♦︎前川産婦人科クリニックの基本情報

名称  :前川産婦人科クリニック
住所  :静岡県駿東郡長泉町下長窪988-11
電話番号: 055-999-0300
診療時間:午前 8時30分~12時     
     午後 15時~18時
休診日 :木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
診療科目:産婦人科
診療内容:妊婦検診・分娩     
     婦人科疾患     
     婦人科ガン検診     
     乳がん検診     
     不妊症
HP   :前川産婦人科クリニック公式

 出産が近づいてくると、外来で看護師から「入院の案内」という冊子をもらい、入院オリエンテーションがあります。

 そこで持ち物の説明がありました。

 

◆入院時持参するもの

・前開きパジャマ1枚(膝が隠れるくらいのもの)
・ウェストニッパー1枚
・母子手帳
上記3点は入院時預かります。

・スリッパ(入院時すぐに使用)
・産褥ショーツ1枚
・洗面用具
入院から出産まで、陣痛室で過ごす時に必要なものです。

 

◆分娩後持参するもの

・DVDーR(沐浴撮影希望の方)
・パジャマ(授乳がしやすいタイプのもの)
・産褥ショーツ
・生理用夜用ナプキン1パック
・ウェストニッパー
・授乳用ブラジャー
・ガーゼハンカチ
・フェイスタオル
・ティッシュペーパー
・バスタオル、お風呂用具

 シャンプー、コンディショナー、ボディソープは病院で用意がありますが、こだわる方は持って行きましょう。

 病院は洗濯機や乾燥機はありません。面会時、洗濯を頼むのが難しい方は、パジャマや産褥ショーツ、ブラジャーは、着替えが必要な分持参しましょう。また、ガーゼハンカチは病院で5枚ほどもらえるので、私は不要でした。

 

◆退院時持参するもの

・赤ちゃんの着替え(肌着、カバーオール)

◆入院時いただけるもの

・産褥直後用パット
・産褥ナプキン2パック
・消毒綿(お母さん用、赤ちゃん用1箱ずつ)
・授乳用ブラジャー1枚
・ガーゼハンカチ5枚
・お尻ふき 1パック
・新生児用オムツ 2パック
・お臍の消毒セット

 

 こちらが病院から支給されたものです。

IMG 3449

IMG 3450

 必要があれば、哺乳瓶や粉ミルクも病院で準備されています。

 

♦︎入院前に済ませておくこと

・化粧、マニキュア、ペディキュアはあらかじめ除去してください。
・爪は短くしておきましょう。
・指輪、ピアスなどのアクセサリー、コンタクトレンズは外して下さい。
・入院するさいの送迎、上の子の預け先、ご主人の連絡先など、あらかじめ調整しておきましょう。
・送迎の方がいない場合は、自分で運転しないよう、あらかじめタクシーの電話番号を控えておきましょう。

出産が近づいてくると、いつ入院になるかわかりません。早めに準備をしておくことがお勧めします。

 

♦︎出産までの流れ
1、病院へ連絡

 必ず、本人が連絡します。名前、診察券番号、分娩予定日、陣痛の有無、破水の有無、病院までの時間を電話で伝えます。

2、病院へ診療
・時間内の場合 
 通常通り、受付をする夜間(21時~朝8時)

・休日の場合 
 正面玄関から入り、靴箱横のインターホンでスタッフが対応してくれます。
 インターホン左のドアから入り、2階へあがります。 靴は、階段前の入院専用靴箱へ入れます。

 夜間の送迎は、旦那さんまたは、送迎の方1名のみになります。小さな子供を連れて行く場合は、玄関までの送迎となるので、注意しましょう。私の場合は、実家によって上の子を預けてから、旦那と病院へ向かいました。

3、陣痛室へ

IMG 6430

 分娩までの時間、この部屋で過ごします。お腹にモニターをつけて横になるので、雑誌でよくある体操や運動はできません。

 私は、旦那の立会い希望だったので、夜間でしたが陣痛室に旦那も付き添ってくれました。

IMG 7367

 陣痛室・分娩室へ入室できるのは、旦那のみ。子供や親は入室できません。また、陣痛室、分娩室は撮影禁止です。カメラたビデオの持ち込みはできません。

 誕生直後の赤ちゃんの写真、動画は1ヶ月検診の時に、病院からプレゼントしてくれます。

 立会いを希望される場合は、上記を考慮して35週までに同意書を病院へ提出してください。

 

4、分娩室へ

IMG 6431

 分娩室は2つあり、分娩台は各部屋に1つずつありました。

 立会いの場合は、頭側から旦那さんは入ってきます。

 お腹の上や足も、滅菌シートで覆っているので、旦那さんからは見えないようになっています。ただ、本当に生まれる直後、後数回いきんだら生まれる!というタイミングに入ってきます。

 私は、いつ入ってきたのかわかりませんでした。

 会陰切開は、頭が出るくらい伸びるようなら行いません。全員が必ずするものではありませんが、98%は切開になるそうです。特に高齢の方は伸びにくく、切れそうな時、赤ちゃんが苦しい時は切開します。

 私は、会陰切開をしましたが、前回よりも断然痛くありません!びっくりしました。あの痛みがないだけでも、感動です。

 円座がなくても座れる喜び。覚悟していた分、感動しました。

5、誕生!!
 病院によっては、出産直後の授乳をやってくれない病院も多いですが、さすがは母乳育児を推進する病院。生まれた後、処置をしてから、すぐに抱っこ・授乳をさせてくれます。

 乳首を口に入れると、ちゃんと反射で吸ってくれます。

 生まれた後、写真を撮ると、すぐに旦那は退室します。

 陣痛室で2時間程度様子を見た後、状態が安定していたら入院部屋へ移ります。

 基本、日中は勤務の助産師さんが取り上げてくれますが、夜間・休日は母親学級で講師をしてくれた、先生の奥さん(助産師)が取り上げくれるそうです。

 ベテランの助産師さんだけあり、スムーズに出産することができました。

 

IMG_5388.JPG
口コミで評判の「前川産婦人科クリニック(長泉町)」で出産したレビュー記事まとめ
 第2子を長泉町にある「前川産婦人科クリニック」で出産してきました。  その感想を7つの記事にまとめたので紹介します。1.通院・診察  他の産院では1時間以上待つことも普通でしたが、こちらでは予約ができるので待ち時間…

 - 産婦人科、母乳外来, 長泉 , , , , , ,