イベント5月 御殿場

アコチルキャンプ2019に子連れで参加!2020におすすめの持ち物

更新日:

御殿場で毎年開かれている野外音楽フェス「アコチルキャンプ2019」に参加してきました。

心配していた天気も時折小雨が降るくらいだったので、無事に二日間楽しむことができました。

オートキャンプをして二日間行ってみて、次回2020年に参加するなら持っていったほうが良いと思う物がいくつかあったので紹介していきます!

持っていった方が良いものは3段階に分けて紹介します。

  • 「◎」絶対に持っていった方が良い!
  • 「○」あると便利
  • 「△」無くてもいいけど、あると便利かも

という感じです。

今回は「雨」「晴天」「曇り」という全パターンの天気を経験したので、どんな状態でも必要なものがわかりました。

大人2人、子供2人で行った経験なので、親子で参加しようと思っている方には役に立つ情報だと思います。

良かったらアコチル参加の参考にしてみてください。

◎レジャーシート

絶対に持っていったほうが良いです。

レジャーシートを持っていったほうが良い理由としては、

  • 場所取りに使える
  • 休憩のときに使える
  • 防水なら雨よけにも使える

からです。

メイン会場の後ろ側はフリースペースになっていて、レジャーシートを敷いて座ったり寝たりしながら音楽などを楽しむことができます。

人がいない状態での長時間の場所取りは禁止でしたが、1時間くらいなら別の会場へ行ってレジャーシートと荷物だけ置いていても大丈夫でした。

会場の御殿場の大型公園「樹空の森」内は芝生のエリアが多いですが、アコチル当日は芝生エリアが会場になっていて、フリースペースが少なくなっています。

土の場所でも座ることができるレジャーシートは便利です。

防水のレジャーシートなら最悪、雨のときの雨よけにも使えるのでおすすめ。

 

コールマンのレジャーシートのようなクッション性の有るものだと快適に過ごせます。

ちなみに我が家はコールマンのレジャーシートでした。

 

荷物を減らしたい方は畳むとコンパクトになるタイプのものがおすすめです。

 

◎帽子

今回のアコチルはほぼ曇りだったので帽子がなくても大丈夫でしたが、一瞬日差しが強くなったときは大変でした。

大人は多少大丈夫でも、子供は熱中症の危険が感じられるくらいの暑さでした。

熱中症対策としても必須です。

 

麦わら帽子のような形の整ったタイプのものではなく、必要ないときにはクシャッとしてカバンに放り込めるタイプがおすすめです。

防水性のものなら、小雨の最中でも雨のときに顔に水がかからずライブが鑑賞できて便利です。

 

◎雨具

大人二人、子供二人で参加しましたが雨具を持っていかなかったため、本当に雨がふらなくてよかったと思いました。

ちょっと小雨がパラパラと降ってきたときに、大雨になることを想像しましたが、子供二人、大人二人がずぶ濡れになることを考えると最悪です。

傘よりもカッパのほうが動きやすいので、おすすめ。

 

会場は混雑しているので傘だとすれ違いが大変ですし、ライブ会場周辺は多分傘の使用が禁止になるかと思います。

今後もキャンプや野外音楽フェスに参加する予定なら、この機会に上下で揃えると雨の日のキャンプにも使えるのでおすすめです!

コールマンなどのブランドのレインスーツでも5,000円くらいで上下セットで購入できます。

「今後ほとんど使うことはないけど、心配だから一応持っていこうかな、、、」という方は100円ショップで売っているレインスーツをもしものときのために買って持っていくと良いです。

 

雨具を持っていくのが面倒な人は、防水性能のあるウインドブレーカーもおすすめです。

風を遮ってくれるので夜のイベントのときに体を冷やさないようにしてくれます。

 

◎ビニール袋

雨具の他に荷物が濡れないように大きめのビニールがあると安心です。

雨のときの他に、子供が服を汚してしまったときのためにもあると良いです。

 

会場のトイレは常に混雑していて、男子も女子も個室の方は常に行列が出来ていました。

大人は大丈夫そうでしたが、もう少しで漏れちゃいそうな子供がたくさんいました。

うちの子もギリギリのときがあったので「もし漏れていたら服とかどうしてたんだろう、、、」という心配がありました。

 

会場にはゴミ箱がありません。

もしものときの汚れ物などを入れるためにもビニール袋や大きめの密閉できる袋があると良いです。

子供なら着替えがあると安心ですね。

 

○イス

折りたたみができるアウトドア用のイスを持っていくと便利です。

今後ルールが変わるかもしれませんが、行ったときはメイン会場のフリーエリアでイスに座っての鑑賞がOKでした。

 

レジャーシートに座っていて、目の前にイスの人たちがいると前が見えないので、イスがあると便利です。

野外フェスは移動が多くて疲れるので、休憩用としてもおすすめ!

レジャーシートでも良いですが腰がつかれるので、イスの方が疲れが取れます。

 

おすすめのイスは断然ヘリノックスです。

ヘリノックスの良さは、

  • 軽量
  • コンパクト
  • 頑丈
  • かっこいい

です。

アコチル会場にもヘリノックスのアウトドアチェアを持ってきている人がたくさんいました。

ちょっと高いですが、荷物が減らせる軽さとコンパクトさは、荷物を減らしたい野外フェスではかなりの魅力です。

一つ持っていると長く使えますし、キャンプやバーベキュー、花火大会などいろんなときに使えるのでおすすめです!

イスに座ってビールを飲みながらHYのバラードを聞くのは最高の気分でした!

 

○水筒

飲食物の持ち込みは不可だったのでグレーなところですが、今回は子供用と言ったら持ち込むことができました。

もしだめと言われたら中身を捨てるつもりで持っていきました。

 

アコチルの会場内の飲食ブースは常に行列が出来ていたので、飲み物を買うだけでも一苦労でした。(普段から公園内に自販機はありますが、アコチル開催時は止められていました。)

水筒があれば冷たい飲み物をそのまま保冷出来て便利でした。

天気はほとんど曇りだったのですが、それでも暑くて持っていった3本の水筒(合計1.5リットル)は大人2人、子供2人でギリギリでした。

天気が良かったらもっと必要だったと思います。

 

熱中症対策で子供には定期的に飲み物を飲ませた方が良いです。

利尿作用のあるお茶だと行列の出来ているトイレに何度も行きたくなってしまうので、水がおすすめです。(熱中症が怖い場合はスポーツドリンクも良いかも)

 

最近の水筒はかなり軽いタイプがあるので、持ち運びの不可が減らせます。

我が家で使っているのはタイガーの水筒です。

とても軽くてお出かけのときや仕事のときなど、毎日使っています。

 

△日除けテント

あると便利ですが、持っていくとかなり荷物が増えるので考えものです。

ステージの見える場所には設置できないのですが、メインステージの裏などにはテントを設置しても良い場所があったので、利用している人はかなりいました。

 

会場に一つ置いておくと着替え、子供の昼寝などに便利です。

防水性能のあるテントなら雨のときの避難所にも使えます。

持っていくまでは荷物になりますが、会場について場所さえ確保すれば身軽になるのでおすすめ!

大勢のグループでアコチルに行くなら、グループで一つ持っていきいらない荷物を置いておいたり、休憩や待ち合わせ場所の拠点として使えて便利です。

 

△アウトドアワゴン

最近持っている人が増えたアウトドアでの荷物運び用のワゴン。

ぼくも持っていますが、キャンプ、バーベキュー、広い公園での荷物運びに大活躍してくれます。

アコチルの会場は大型の公園なので、荷物が多い場合はあると便利です。

 

メインステージの前にあるフリーエリアに運び込んで子供用の観覧席にしている猛者もいました。

アウトドアワゴンは赤ちゃんの昼寝ベットに使ったり、別売りの蓋を使ってテーブルになったりして便利です。

 

△双眼鏡

メインステージ前のフリーエリアでイスに座ったままアーティストを見るために持っていきました。

のんびりしたいときは、音楽を聞きながらまったりしますし、近くでみたいような大物アーティスト(今回はパフィーだった)はアコチルなら前に行けばかなりの近さで見ることができるので、あまり使いませんでした。

まあ、あったら便利だけど、無くても別にいいかなというアイテムでした。

 

まとめ

アコチルはトイレや移動など大変なこともありましたが、子供にも本物の音楽を聞かせてあげることができた最高のイベントでした。

来年もぜひ親子で参加したいと思える野外音楽フェスです!

スポンサーリンク

関連記事

-イベント5月, 御殿場

Copyright© すそのナビ , 2019 All Rights Reserved.