パン 三島

『箱根ベーカリー三島店』ちょっと贅沢したいときのパン屋

投稿日:

JR三島駅の中にあるパン屋「箱根ベーカリー三島店」の紹介です。

一つ一つ丁寧に作られた上質なパンを味わうことができるお店でした。

箱根ベーカリー三島店の基本情報

名称 箱根ベーカリー 三島店
住所 静岡県三島市一番町16−1
電話番号 055-986-7338
営業時間 6:30~20:00
定休日 無し
駐車場 無し
HP 公式サイト

箱根ベーカリーは他にも、

  • 小田原店
  • 川崎アゼリア店
  • 海老名SA店
  • ミーツ国分寺店

など神奈川を中心に他店舗展開しているパン屋です。

 

 

アクセス・駐車場

箱根ベーカリー三島店はJR三島駅の北口の駅構内にあります。

在来線の出入り口のすぐ横に入り口があり、切符を持っていなくても利用できます。

専用の駐車場はありませんが、三島駅の北口のロータリーの中にある駐車場は30分無料なので、パンを買ってすぐ買えるなら無料で駐車可能です。

 

イートインスペースもあるおしゃれな店内

店内にはパンの販売スペースの他に食事をすることができる「イートインスペース」もありました。

ピザなどの軽食を食べている人がいたので、イートイン専用のメニューもありそうです。

 

おすすめメニューの「箱根生食パン」

店内で販売しているパンはどれも見た目にもこだわって丁寧に作られたものばかり。

価格帯はどれも200円以上なので、少し高めです。

看板でオススメされていた商品が2つあったのですが、1つ目は「箱根生食パン」。

最近柔らかい食パンが流行っていますが、箱根ベーカリーでも販売していました。

試食もあるので、気になったら味見できます。

もう一つのおすすめ商品が「龍神あんぱん」。

箱根神社の境内から湧き出ている「龍神水」と「酒種」を使用して作られたアンパンです。

何を買おうか迷ったら、とりあえずこの2つを買えば間違いなさそう。

 

ほかにも美味しそうなパンがたくさんで、どれを買おうか迷ってしまいます。

いくつか購入して家で次の日の朝食にいただきました。

 

耳まで柔らかいふんわり食パン

最初にいただいたのは「箱根生食パン」。

昔の旅人が食パンを持ったイラストが可愛い紙袋に入っています。

最初にそのまま食べてみたのですが、耳までふんわり柔らかく、何もつけなくてもパンの甘さだけで十分楽しめます。

バターを塗ると、バターの塩味が甘さを引き立てくれて、さらに美味しくなりました。

ちょっと高いですが、フランスのエシレバターとの組み合わせは最高なので、一度試してみてください!

高級生食パンで有名な乃が美と比べると、耳や生地の柔らかさは同じくらいですが、甘さは乃が美の方が強いです。

乃が美の食パンにはハチミツが入っているからかもしれません。

 

最後にバターを塗って野菜とベーコンを挟んでサンドイッチとしていただきました。

耳まで柔らかいので、普段はサンドイッチを作ると耳だけ残そうとする子供も全部美味しそうに食べていました!

 

 

食パンの他に購入したのは「カレーパン」「クロワッサン」。

 

カレーパンはパン生地の周りにコーンフレークがくっついているので、噛んだ瞬間の「ガリッ」という食感が楽しい♪

しかも、中のカレーは日本風のカレーではなく、複雑なスパイスの味がする本格派のカレー。

箱根ベーカリーのメニューにはネパール人シェフ直伝のカレーがあるそうなので、そのカレーを使っているのでしょう。

「こんな贅沢なカレーをカレーパンに使っちゃっていいの?」というくらいの素晴らしいカレーでした。

 

クロワッサンはもっちりした柔らかい味わい。

薄い生地がいくつも重なっているのですが、パリッとした感じの食感ではなくもちっとした感じ。

生食パンと同じように噛むと口の中にパンの甘さがほんのり広がるので、そのまま食べても良いです。

 

まとめ

箱根ベーカリー三島店についてまとめると、

まとめ

  • JR三島駅の構内にあるパン屋
  • 北口の駐車場は30分無料
  • イートインスペース有り
  • ちょっと高級店
  • 生食パン、あんぱんがおすすめ
  • カレーパンは絶品!

という感じでした。

御殿場のパン屋「ベックファン」もカレーパンが有名ですが、箱根ベーカリーのカレーパンはベックファンを超えるかもというくらいの味でした。

値段が高いので日常使いには難しいですが「今日はちょっと美味しいパンが食べたいな」と思った日に贅沢な味が楽しめるパン屋でした。

スポンサーリンク

関連記事

-パン, 三島

Copyright© すそのナビ , 2020 All Rights Reserved.