スイーツ、お菓子 沼津

『沼津深海プリン工房』は沼津港の新名物!青いプリンは何味?

更新日:

沼津港の観光地化がさらに進み、ついに干物、海鮮丼、寿司に続く名物ができました。

その名も「深海プリン」!

プリンなのに真っ青という独特の色使いで人気を呼んでいます。

実際に食べてみましたが、正統派なプリンと言えるかどうかわかりません。

しかし、これはこれでありなんじゃないかと思える、新しいジャンルのスイーツでした。

沼津深海プリン工房の基本情報

名称  :沼津深海プリン工房
住所  :静岡県沼津市千本港町97
電話番号:055−962−9010
営業時間:10:00~17:30
定休日 :年中無休
駐車場 :無し
HP  :沼津深海プリン工房公式

 

アクセス

沼津港の入り口に近くの角地にあるビルの1階です。

隣に「かき小屋」があります。

元々「磯丸ファミリー寿司沼津港店」があった場所ですが、今ではすっかり青い色のプリン屋になっています。

お店の奥には厨房があって、プリンを作っていました。

 

駐車場

専用の駐車場はないので、周辺の無料、有料駐車場を利用してください。

 

沼津深海プリンの値段は?

沼津深海プリンは基本の味が4種類、その他に限定商品があります。

  • 沼津プリン(プレーン)  400円
  • 沼津プリン(塩キャラメル)380円
  • 沼津プリン(抹茶)    450円
  • 深海プリン        430円

すべて余計なものは使わずに、安心できる国産の材料だけで作られています。

深海プリンは、プリンの上に青いジュレを乗せて、深海を表現しています。

値段はどれも400円前後でした。

 

4種類の味の他に、午前中限定の「あさひプリン」8のつく深海の日限定の「深海の日プリン」があります。

 

「あさひプリン」は、地元の西浦寿太郎みかんを使用したマーマレードジュレとブラッディーオレンジのジュレを入れた、駿河湾の朝日を表現したプリンです。

 

「深海の日プリン」は、青いジュレの中にマンゴーとパッションフルーツの粒を入れて深海生物の「メンダコ」を表現しています。

 

なかなかの人気ぶり!

訪問したのは平日だったのですが、ちょうど昼過ぎということもあって、食後のデザートを求める人で混雑していました。

店内は冷凍ショーケースが置いてあり、販売スペースになっているだけで、結構狭い。

 

この日は午前中限定の「あさひプリン」はすでに売り切れで、通常の4種類があるだけでした。

 

お土産用に3個セット、4個セットでの販売もしていました。

通常の紙袋の他に、別料金でおしゃれな青い紙袋や、保冷バッグも購入できます。

ギフトボックスもありました。

 

気になっていた「深海プリン」と「塩キャラメルプリン」を購入。

紙袋に無料で保冷剤を入れてくれました。

保冷剤の効果は3時間は大丈夫とのことです。

3時間以上の道のりを持ち帰る場合は、別途保冷バッグを購入するか、持っていったほうが良いです。

 

お店の外には青いプリンがきれいに映るような写真ブースが用意されてます。

しかも「こうすればきれいに映るよ!」という説明付き。

食べる前に一枚いかがですか?

 

お店の外にはベンチがあるので、すぐに食べることができます。

プリンの瓶を回収ボックスに入れると5円返却されるシステムになっていました。

 

深海ソフトもあるよ♪

プリンの他にソフトクリームも販売していました。

種類は、

  • プリンソフト
  • 深海ソフト
  • 深海プリンソフト

の3種類。

 

深海ソフトは深海プリント同じで青い色のソフトクリーム。

深海プリンソフトは2種類の味が楽しめます。

 

深海プリンの賞味期限は?

 

購入した袋には5月15日が賞味期限と書かれていました。

購入したのは5月10日なので、賞味期限は5日間ですね。

 

深海プリンの青い部分は何味?

持ち帰った深海プリンは、さっそくその日の夜にデザートとしていただきました。

プリンなのに青色ってなかなか衝撃的ですね。

 

さっそく深海プリンから一口。

事前情報なく食べたのですが、プリンの上に乗っている青い部分はラムネ味でした。

柔らかいゼリーのような食感。

夏に食べたいさわやかで、さっぱりした味のジュレです。

 

次はプリンと青いジュレをいっしょにいただきました。

なんとも言い難い謎の味、、、

 

合わないわけではないけど、ベストマッチというわけではない感じ。

ラムネの味がするので、子供が好きな駄菓子屋っぽい感じがします。

 

つぎは塩キャラメル。

こちらはシンプルにプリンを楽しめます。

 

濃厚でなめらかな舌触りのプリン。

たっぷり入ったバニラビーンズの風味が良いです。

塩キャラメルのしょっぱさが甘さを引き立てているプリンです。

 

原材料を紹介

深海プリンの原材料は、

  • 牛乳
  • 生クリーム
  • 卵黄
  • 卵白
  • グラニュー糖
  • レモンジュース
  • バニラビーンズ
  • アガー
  • 着色料(クチナシ)
  • 香料

でした。

結構シンプルな原材料ですね。

 

あのさわやかなラムネ味は、青色の着色料とレモンジュース、香料で表現しているようです。

「アガー」はゼラチンと寒天の間くらいの食感になる食材で、ジュレのプルプルした食感を作っているんですね。

 

まとめ

沼津深海プリンについてまとめると、

  • ポイント

    • 沼津港の新名物
    • 上半分が「青い」プリン
    • 深海をイメージしている
    • 基本は4種類
    • 価格は400円前後
    • 青いジュレはラムネ味
    • 変わった手土産に良いかも

でした。

「沼津港が遠くて買いに行けない!」という方は、沼津深海プリン工房の公式サイトから通販ができるので、利用してみてはいかがでしょうか?

青いプリンなんて珍しいので、手土産に持っていったら盛り上げること間違いないでしょう!

 

スポンサーリンク

関連記事

-スイーツ、お菓子, 沼津
-,

Copyright© すそのナビ , 2019 All Rights Reserved.