動物とふれあう 動物園 子連れスポット 神奈川

『オービィ横浜』ビルの中に動物園!?【子連れ詳細レポート】

更新日:

横浜のみなとみらいにある都市型動物園「オービィ横浜」に行ってきました。

動物園があるのは、なんとみなとみらい駅のとなりにある商業施設「マークイズみなとみらい」。

普通、動物園と言えば郊外にありますが、オービィ横浜はビルの中にあります。

詳細レポートでは「チケットを安く買う方法」「行列を回避する方法」なども紹介していきますので、お出かけ予定の方は参考にしてみてください!

オービィ横浜とは?

「オービィ横浜」はショッピングモール「マークイズみなとみらい」の中にある都市型動物園です。

小型の動物とのふれあいや、最新テクノロジーを使った映像や体験が楽しめる新しい動物園として、テレビなどのメディアで取り上げられることも多い評判の観光地です。

 

オービィ横浜の基本情報

  • 名称  :オービィ横浜
  • 住所  :神奈川県横浜市西区みなとみらい3−5−1 マークイズみなとみらい5階
  • 電話番号:045−319−6543
  • HP   :公式サイト

 

入館料、チケット

オービィ横浜の入場チケットは2パターンあります。

  • 入場のみ
  • 入場+館内フリーパス付き

入場料だけの場合は、館内のフリーエリアが楽しめ、それぞれのコンテンツを楽しむには毎回500円程度の別料金を支払う必要があります。

フリーパス付きのチケットの場合は、入場と館内のコンテンツのすべてが楽しめます。ただし、動物への餌やりなどは別料金です。

 

チケットの料金表

区分 大人 中人 小人 幼児 シニア
学校区分 中学生・高校生 小学生 幼稚園・保育園
入館料 800円 500円 300円 0円 300円
パスポート(入館料+フリーパス) 2,400円 1,800円 1,600円 1,200円 1,800円
手帳提示※1 1,400円 700円 700円 700円 1,400円
年間パスポート※2 6,000円 4,500円 4,000円 3,000円 4,500円

 

個別料金がかかるアニマルコンテンツ

アニマルヴィレッジ 500円
アニマルガーデン 500円
キャットパラダイス 500円
アニマルスタジオ 500円
フライトトレーニング 500円
マウントケニア 300円
マウンテンゴリラ 300円
シアター23.4 500円
メガバグス 300円

 

フリーパス? それとも入場料だけ?

チケットが分かれているとどちらを買うか迷うと思います。

半日遊んでみた結果として、おすすめの判断材料はコチラ。

  • 滞在時間2時間未満 入場料+個別払い
  • 滞在時間3時間以上 フリーパス

という感じで、滞在時間で分けると良いです。

今回は4時間くらいいたので、フリーパスを買って正解でした。

 

2〜3時間くらいの滞在時間が一番迷うと思いますが、急いで3つ以上周れる自信があるならパスポート、ゆっくり観れるものだけ楽しみたいなら入場料が良いです。

休日など混雑しているときは待ち時間がかかるものもあるので、そういう場合は入場料だけの方が良いかもしれません。

入り口にその日の待ち時間が表示されているので、滞在時間からどれくらい体験できそうか考えてパスポートを購入するのがおすすめです。

 

アクセス

電車でのアクセスは、

  • 横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」直結
  • JR・市営地下鉄「桜木町」からは「動く歩道」を利用し、徒歩 8分

車でのアクセスは、

  • 首都高速横羽線みなとみらいランプより約1分

駐車場

オービィ横浜が入っているショッピングモール「マークイズみなとみらい駐車場」が利用できます。

駐車場は有料で「270円/30分」の料金がかかります。

「マークイズみなとみらい駐車場」「ランドマーク駐車場」「クイーンズパーキング」の駐車券がサービス対象です。

  • 2,500円以上のご利用で1時間サービス
  • 5,000円以上のご利用で2時間サービス
  • 6,000円以上のご利用で3時間サービス

※駐車場一枚に対して、オービィ横浜で最大3時間までのサービスです。
※他のテナント様との合算はできません。

 

並ばずに入場する方法

訪問したのは土曜日の午後でした。

チケット買って入場するだけで30分はかかりそうなくらいの混雑っぷり。

 

しかし、並ばずに入場できました。

それは「前売りチケット」を買っていたから。

「入場券+パスポート」の販売ですが、「アソビュー」というサイト経由で購入すると大人も子供も1人200円割引になります。

家族4人なら800円の割引になりますし、さらにアソビューのポイントとクレジットカード払いでカードのポイントが二重でもらえます。

簡単に5分くらいで購入できました。

参考【アソビュー】オービィ横浜

前売り券を購入した人は別の窓口があって、並ばずに入場できました。

 

リストバンドで再入場可能!

入り口で説明を聞くとリストバンドを渡されます。

館内にで撮影した画像データを認証したり、入退場の際に使ったりします。

再入場の際に必要となるので、無くさないように。

と言ってもうちの長男はシアターで映画を観ているときに外して無くしてしまいましたが、係の人に言ったらすぐに代わりのバンドを用意してくれました。

 

入館料だけで楽しめるエリア

地球飛行「アースクルージング」

眼の前いっぱいに広がる大画面に、地球の素晴らしい自然の景色が映し出されるシアターです。

空を飛んでいるような映像で気分が良いのですが、コンテンツ的にはそんな面白いものではありませんでした。

 

大自然マッピング「ベースキャンプ」

室内中央の休憩エリアから観れる壁に大自然の映像を映し出したプロジェクションマッピングのコンテンツ。

壁いっぱいに水が流れたり、ジャングルの木々に囲まれたり、溶岩が流れたりと迫力の映像が楽しめます。

集中して見るようなものではなくて、たまたま流れる映像を楽しむコンテンツ。

 

インフィニットアクアリウム

施設中央にある小型の水槽を並べたエリア。

魚の生体を学ぶ水族館の展示とは違って、魚や水槽の美しさを楽しむ幻想的なエリアです。

 

カフェ

カフェコーナーがあるので軽食が楽しめます。

オービィ横浜はショッピングモールの中にあり、再入場もできるので、一旦外に出てショッピングモールの中で食事するのもおすすめ。

 

お土産

お土産は種類が充実していて見ているだけでも楽しめます。

かわいいけどリアルなスズメを発見しました。

透明標本はとてもきれいでした。

 

入場料だけで楽しめるか?

正直、入場料だけのエリアだとぜんぜん面白くありません。

追加料金のコンテンツを楽しまないとわざわざ行く意味はないかと。

 

追加料金のコンテンツ

キャットパラダイス(500円)

いろんな種類の猫とのふれあいが楽しめるエリア。

15分の入れ替え制です。

別料金で猫の餌「かつおぶし」を買うことができます。

カゴで寝ていたり、自由に散歩している猫と遊ぶことができます。

5分くらい経つと係のお姉さんが猫じゃらしを出してくれました。

が、ここの猫たちは遊び慣れているのか、猫じゃらしを出してもなかなか寄ってきません。

むしろ接客で疲れているから休ませてくれ〜という感じがしました。

 

寝ているネコを起こして遊ぼうとした次男が軽くひっかかれました。

寝ているネコは起こさないように注意しましょう。

 

シマリスの森アニマルヴィレッジ(500円)

シマリスやうさぎなどの小動物がいるエリアです。

10分の入れ替え制。

こちらは待ち時間なく、すぐに入場できました。

 

餌やりは100円でできます。

餌を食べるシマリスの姿がとてもかわいいので、おすすめ。

プロジェクションマッピングや音楽を使った雰囲気作りがとても上手で、普通にリスがいるよりも、ワクワクした気持ちになれる空間です。

 

アニマルガーデン(500円)

オービィ横浜の中で一番人気のエリアで待ち時間が長いです。

こちらは10分の入れ替え制。

この日は整理券が配布されていたので、待たずに入ることができました。

整理券配られていたら、確実に取っておいた方が良いです。

 

アルマジロに触れます。

なんで毛が生えているんでしょうね。

 

フクロウ?ミミズク? 囲いがなく、目の前にいるのでじっくり観察することができます。

お風呂に入っているみたいにリラックスしているカピバラも触ることができます。

ミーアキャットが丸まっていました。

動物を見ていたら突然、カメが床を散歩していてびっくりしました。

イグアナも触ることができます。

ザラザラした肌ですが、触っているとだんだんかわいく思えてきました。

「アニマルガーデン」が一番満足度が高く、コスパが良いコンテンツでした。

 

アニマルスタジオ(500円)

20分の入れ替え制。

ひよこや小鳥などの小動物とふれあいができます。

 

中でもハリネズミはおすすめ。

専用の革手袋をはめれば抱っこすることができます。

ハリネズミって初めて抱っこしたのですが、かわいいですね。

小さな丸っこいフォルムが最高です。

すぐに手の上から逃げようと歩きだすので、落とさないように注意が必要でした。

 

大量のひよこに餌を上げることもできます。

手の上に餌をおいて差し出すと、大量にひよこがつついてくるのでくすぐったい。

ふわふわしていてかわいいです。

 

シアター23.4(500円)

日本最大級となる幅40m、高さ8mのスクリーンを使った30分のシアター上映。

このときの番組はミーアキャットの家族の話でした。

正面スクリーンの他に左右にも小さなスクリーンがあって、普通の映画館とは違った演出が面白いです。

 

4Dシアター「マウンテンゴリラ」(300円)

15分のシアター上映。

絶滅の危機に瀕するマウンテンゴリラの撮影現場に潜入するドキュメンタリーですが、4Dの効果を上手に利用している演出は大人でも結構ドキドキしました。

 

極寒体験「マウントケニア」

アフ詠歌赤道直下にあるマウントケニアの1日で変化する極寒の世界を体感できるアトラクションです。

時間がなくて体験できませんでした。

 

キッズプレイグラウンド「メガバグズ」

昆虫サイズになった世界で、3〜10歳を対象とした遊具で遊べます。

子供に勝手に遊ばせて親はのんびりできるので、大人が休憩するのにおすすめ。

 

中には体を使って遊べるちょっとした遊具のほかに、昆虫の標本などもあって子供の知的好奇心を刺激してくれます。

赤ちゃん用の遊ぶエリアもありました。

 

有料エリアのベスト5

有料コンテンツのベスト5はこちら。

  1. アニマルガーデン(500円)
  2. アニマルスタジオ(500円)
  3. アニマルヴィレッジ(500円)
  4. 4Dシアターマウンテンゴリラ(300円)
  5. メガバグズ(300円)

時間がないならとりあえずベスト3まででオービィ横浜を楽しめます。

 

まとめ

オービィ横浜についてまとめると、

まとめ

  • 横浜みなとみらいにある動物園
  • 動物園とテクノロジーが合わさったテーマパーク
  • 小動物と触れ合える
  • 餌やり体験が楽しい

という感じでした。

静岡県からわざわざ横浜まで行って思ったことは「日本平動物園はやっぱりスゴイ」ということ。

入園料が安くてコスパが良いですし、いろいろな動物を見ることができます。

都会に住んでいて近くに動物園が無い場合はオービィ横浜も良いかもしれませんが、日本平動物園や富士サファリパークがあるのに、わざわざ行かなくても良いかなと思いました。

とはいえ、それは家族連れの話。

普通の動物園と違ってスタイリッシュでオシャレな雰囲気があるので、デートに使うこともできそうです。

 

スポンサーリンク

関連記事

-動物とふれあう, 動物園, 子連れスポット, 神奈川

Copyright© すそのナビ , 2019 All Rights Reserved.