『ならやカフェ』おすすめメニューや駐車場などを徹底解説!箱根観光に最適な和風足湯カフェ - すそのナビ

カフェ デート 箱根 足湯

『ならやカフェ』おすすめメニューや駐車場などを徹底解説!箱根観光に最適な和風足湯カフェ

更新日:

箱根登山鉄道の宮ノ下駅近くにある「ナラヤカフェ」の紹介です。

足湯に浸かりながらドリンクや軽食が楽しめるお店として有名なカフェですが、子連れにも優しいお店で快適に過ごせました。

そんなナラヤカフェの足湯情報や駐車場の場所、おすすめメニューなどを紹介します。

ナラヤカフェの基本情報

名称 NARATA CAFE(ナラヤカフェ)
住所 神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下404−13
電話番号 0460-82-1259
営業時間 10:30~18:00
(12月~2月は17:00まで)
定休日 水曜日・第4木曜日
駐車場 有り(無料)
HP NARAYA CAFE公式

 

電車でのアクセス

「箱根登山鉄道 宮ノ下駅」で降りて、改札を出て坂を降りていくとすぐに右手に足湯があるカフェが見えます。

 

車でのアクセス・駐車場

車の場合はナビで

  • 「箱根町 宮ノ下観光案内所」
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下113番地1

を検索して向かうとわかりやすいです。

 

向かい側にひょうたんの「NARAYA P」という看板があるところが駐車場です。

駐車場は5台分ありますが、満車の場合も多いです。

満車の場合はすぐ近くに有料の「宮ノ下駐車場」という立体駐車場があるので、そちらがおすすめ。

宮ノ下駐車場の駐車料金は、最初の30分は無料。以降30分ごとに100円という低価格の駐車場なので、気軽に利用できます。

道が狭い割に車通りが多いので、通り過ぎないように注意しましょう。

駐車場からは坂を上っていくと箱根登山鉄道の宮ノ下駅の手前にナラヤカフェがあります。

間違えて坂を車で上ってしまった場合は、宮ノ下駅まで行くと車を方向転換できるスペースがあるので、そちらで反転して戻ると便利です。

 

雨でも大丈夫な足湯席が一番人気

ナラヤカフェは3つの建物と、建物に囲まれたウッドデッキのあるカフェです。

ウッドデッキには足湯があって、やっぱり足湯席が一番人気!

この日は8月中旬の真夏なのに、みんな温かい足湯を楽しんでいました。

足湯席は人気なので、他の席と違って段取りがあります。

  1. 足湯席に座りたい人 → 先に注文 → 番号札を受け取る
  2. その他の席希望 → 先に席を確保

となっているのでご注意を。

足湯席は全部で15人くらいは座れますが、混雑しているときは相席になります。

夕方の遅い時間に行ったので、待たずにすぐに座ることができました。

 

足湯の温度はぬるかったので、夏でもゆったりお湯に浸かることができました。

タオルの貸し出しはないので自分で持参したほうが良いですが、ウッドデッキのベンチに座って、足をぶらぶらさせているとすぐに乾きました。

 

ロゴ入りタオル(1枚250円)や、オリジナル手ぬぐいなどを店内で販売しているので、お土産に購入するのも良いですね。

足湯席の上にはテントのような幕が貼られているので、日差しが遮られて快適です。

多少の雨なら降っていても大丈夫そうでした。

 

ウッドデッキには揺れる木馬など、木材を使って作られた乗り物が置いてあり、子どもたちに人気でした。

 

店内の席もおしゃれで居心地が良い

足湯席が有名なナラヤカフェですが、店内の席も負けず劣らずおしゃれで居心地の良い席です。

 

築50年の木造家屋をリノベーションしていて、古い柱や梁などを見ることができて建築好きには最高です。

天井を外して一部を吹き抜けにしているので、風の通りも良くて意外と涼しい。

というか真夏なのにエアコンがついていないことに後から気が付きました。

開放感のある建物は意外と涼しいんですね。

それでも暑い人のためにうちわが用意されてました。

 

ギャラリースペースでは旅館だった当時使っていた食器の展示販売をしていました。

 

ウッドデッキから階段を降りたところには展望テラスがあり、箱根の山々の雄大な景色が堪能できます。

室内には「旅」をテーマにしたコーナーも。

ナラヤカフェのご主人が旅好きらしく、旅に関連した本がたくさん並んでました。

部屋の奥には小上がりの座敷席があり、子供が遊べるおもちゃが置いてありました。

授乳、おむつ替えスペースもあるので、赤ちゃんや子連れで来ても安心ですね。

 

メニューはドリンクの他に軽食も

ドリンクメニューの一例はこんな感じ。

ドリンクメニュー

  • コーヒー 400円
  • カフェラテ 450円
  • カプチーノ 450円
  • 紅茶 400円
  • アイスコーヒー 400円
  • ペリエ(水) 480円
  • ラムネ 250円
  • コーラ 400円
  • クリームソーダ 500円
  • 生ビール 580円
  • ギネスビール 600円
  • コロナ 600円
  • グラスワイン 480円
  • 梅酒 550円
  • ゆずサワー 550円

コーヒーなどのソフトドリンクの他にアルコールドリンクも充実しています。

軽食メニューの一例はこちら。

軽食メニュー

  • ホットドック 480円
  • チーズドック 530円
  • 本日のスープセット 650円
  • そばの実茶漬け 600円

ピザ

  • マリナーラ 1,100円
  • マルゲリータ 1,200円
  • ゴルゴンゾーラ 1,350円
  • ハーフ&ハーフ 1,300円

スイーツ

  • ソフトクリーム 350円
  • ミニソフトクリーム 300円
  • ナラヤパフェ 550円
  • アフォガード 550円
  • ならやん(最中) 250円

ホットドックの他にピザもあるので、ランチやブランチにも良さそう。

足湯に浸かってピザを食べながらビールやワインを飲んだら最高ですね!

 

ラムネは250円と手頃な値段で、子供に飲ませるドリンクに最適でした。

ビー玉を取りたいとせがむのでがんばってみましたが、ダメでした、、、

 

みかんジュースは絞ったもののようで、ものすごく濃厚な「オレンジではない、みかん」の味がしました。

ゆずスカッシュはさっぱりしていて夏の暑い時期に最適でした。

 

カフェラテはミルク多めの、マイルドな味わい。

甘くないので、自分でシロップを入れて甘さを調節しましょう。

 

ナラヤカフェに来たら「最中」は外せない!

スイーツメニューに「ならやん」(ひょうたん型の最中)があります。

ひょうたんの形をした最中の皮に、自分で好きな味のあんこを詰めて食べるお菓子です。

最中の中に入れるあんは「こしあん」「ごまあん」「うぐいすあん」「きせつあん」の4つから選べます。

「きせつあん」は季節ごとに味が変わるメニューで、このときは紅芋でした。

一つ250円と安いので、飲物といっしょに注文しやすいですね。

 

普通の最中のようにあんこを詰めてくっつけて食べても良いですが、片方ずつあんこを詰めて食べると最中の皮が歯の裏にくっつかないのでおすすめ。

皮のパリッとした食感と、こしあんのまろやかな甘さが楽しめます。

ナラヤパフェは、ソフトクリームの下に白玉団子とあんこが入った和風パフェでした。

 

帰りは「ならやあん」でお買い物

ナラヤカフェには「ならやあん」というお店が併設されています。

木のぬくもりを感じるもの、近隣の作家さんなどのハンドメイド系のものが売られていました。

木で出来た可愛い形の箸置きは手頃な値段なので、お土産におすすめです。

 

まとめ

ナラヤカフェについてまとめると、

まとめ

  • 箱根登山鉄道宮ノ下駅近く
  • 駐車場もある
  • 子供や赤ちゃん連れにも優しいお店
  • 足湯席は待ち時間が発生することも
  • 足湯以外の席もおしゃれで快適
  • ドリンクの他にピザなどの軽食も
  • ビール、ワインなどアルコールも

人気のカフェなので、休日に待たずに足湯席を利用したいならオープン直後か、閉店近い時間を狙っていったほうが良いかもしれません。

大人向けのおしゃれなカフェだと思っていましたが、子供連れにも優しい、家族で行きたくなる居心地の良いカフェでした。

スポンサーリンク

関連記事

-カフェ, デート, 箱根, 足湯

Copyright© すそのナビ , 2019 All Rights Reserved.