ぶらぶらスポット 三島

三島の癒やし空間『源兵衛川』せせらぎ遊歩道の完全ガイド

投稿日:

三島と言えば三嶋大社が有名ですが、個人的には三嶋大社よりもおすすめなのが「源兵衛川」です。

街中から湧き水が溢れている水の都三島ですが、源兵衛川はその湧き水が集まって出来た川です。

水はいつも透き通るくらいきれいで、夏前にはホタルが見られるほどです。

 

今回は源兵衛川を上流から下流まですべて歩いて遊歩道を紹介しています。

水の中を歩くことができる遊歩道が整備されている源兵衛川を散歩して、ぜひ心も体も癒やされてください!

源兵衛川の基本情報

源兵衛川は三島駅の南にある「楽寿園」の中にある「小浜池」と起点として、約1.5km南の「中郷温水地公園」まで三島の市街地を流れる清流です。


湧き水を源流としているため、川の水は透明で透き通っています。

川幅は2m〜5mほどと広くはありません。

川沿いには歩道が整備されていて、源兵衛川沿いのせせらぎの散歩を楽しむことができます。

 

源兵衛川の歴史

かつては美しい水辺空間が保たれていた源兵衛川も1960年代から都市化、工業化の影響を受け、湧水の量が減り生活排水が流れ込むなどして環境が悪化していきます。

その後、ふるさとの原風景を取り戻そうと市民が立ち上がり、水辺の環境を守ることで現在見られる美しい源兵衛川が復活しました。

いまではきれいな水辺にしか生息しないと言われるホタルを見ることができるくらい環境が改善されて、三島市民の憩いの場になっています。

 

源兵衛川に遊歩道はある?

源兵衛川は楽寿園の南から下流の中郷温水地まで約1,5キロのうち80%ほどを川沿いを歩くことができる遊歩道が整備されています。

三島駅南口にはせせらぎルートを紹介した看板が設置されていますし、源兵衛川沿いを歩いていると案内看板を見つけることができます。

看板を頼りにしながら源兵衛川沿いを歩いて行けば中郷温水地まで簡単にたどり着くことができます。

 

源兵衛川散歩専用の駐車場はある?

源兵衛川を散歩するときに使える専用の駐車場はありません。

三島駅近くから南に下っていく場合には、周辺の有料駐車場を利用してください。

源兵衛川の終着点である「中郷温水地公園」には駐車場が数台あるので、南から北に向かって行く場合は駐車場を利用することができます。

「中郷温水池公園」野鳥や四季の風景を楽しみながらウォーキングができる

三島の国道1号線の脇にある「中郷温水地公園」の整備が終わったので行ってみました。 きれいで自然豊かな公園で、池ではたくさんの野鳥が泳いでいる気持ちの良い公園でした。

続きを見る

 

源兵衛川のせせらぎ散歩

ここからは実際に歩いてみた様子を上流、中流、下流に分けて紹介していきます。

【上流】楽寿園から三島広小路駅周辺まで 川の中に道がある幻想的なエリア

源兵衛川は楽寿園にある小浜池から始まります。

【三島】市民の憩いの場。三島駅南口にある公園「楽寿園」に行ってきた

三島で有名なものの一つである三島駅南口にある公園の「楽寿園」に子供といっしょに行ってきました。 湧水が枯れているのは残念ですが、散歩に善い場所で動物もいたり乗り物もあったり子供が楽しめる公園でした。

続きを見る

楽寿園は元々小松宮彰仁親王の別邸があったところで、別邸であった「楽寿館」の前に小浜池はあり、源兵衛川の水源は小浜池になっています。

個人的には小浜池の水が無いときしか見たことがなくて残念です。

小浜池から流れた水は楽寿園を出て源兵衛川となって南へ流れていきます。

道路沿いに公衆トイレがあるので、トイレに行っておきたい方はこちらで利用できます。

上流は川の中にある石の道を進むことができます。

水辺周辺は自然豊かで水の流れる音と緑の景色で癒やされます。

石の道があるので靴で歩いても落ちなければ濡れることはありません。

遊歩道の脇にある壁を見ると、壁の隙間から湧き水が滲み出ているのを見ることができます。

水温は湧き水のせいか、夏でもかなり冷たいです。

水の中の遊歩道を進んで行くとちょっとした広場に出ます。

この辺りは、魚など生き物が生息していて、夏になると水遊びをしている子どもたちで賑わうエリアです。

さらに進んで行くと伊豆箱根鉄道の「三島広小路駅」の近くに出ます。

 

【中流】三島広小路駅周辺から水の苑緑地まで グルメと野鳥が楽しめる大人のエリア

三島広小路駅周辺はお店がたくさんあり三島ならではのグルメ「うなぎ」も楽しめます。

源兵衛川沿いにはうなぎの名店「うなぎ桜家(さくらや)」があります。

いつも大人気で行列のできるお店です。

桜家のとなりは源兵衛川沿いにちょっとした休憩エリアがあります。

さらに南に進んでいくと伊豆箱根鉄道の下を通る道があって、ちょっとした探検気分も味わえ童心に帰って楽しめます。

 

そのうち川沿いのカフェ「ディレッタントカフェ」が見えてきます。

こちらも大人気のカフェなので、訪問する際には予約をしていった方が間違いないです。

水の流れる音を聞きながら地元の食材を使った料理を食べて、ゆったりとした幸せな時間が過ごせるカフェです。

「ディレッタントカフェ」(三島)源兵衛川沿いのテラス席で贅沢な時間を感じながらワインとランチを楽しむお店!

3年越しでしょうか。ずっとずっと行きたかった三島の源兵衛川沿いの「ディレッタントカフェ」にやっといけました。 食事と景色、そして川の流れを楽しみ、想像以上に素敵な時間を過ごすことができました。

続きを見る

 

水の中のせせらぎ遊歩道はまだまだ続いていきます。

南に進むと源兵衛川の小さな公園「水の苑緑地」に到着します。

川沿いに池が作られていて、珍しい野鳥が集まってくる公園で、野鳥の撮影をしたいカメラマンに人気です。

トイレや水飲み場があるので、ちょっと休憩するのにおすすめです。

ここからは商業エリアから住宅エリアに入っていきます。

 

【下流】住宅エリアから国道1号線を越えて中郷温水地へ 静かなエリア

水の苑緑地からさらに進むと源兵衛川は住宅街の中を進んでいきます。

源兵衛川を渡らないと敷地までたどり着けない家があったりして、なかなか興味深いです。

ここで暮らしている人達は源兵衛川が常にあって、源兵衛川とともに暮らしているんだなと思いながら歩いていきました。

 

そのまま進んで行くと源兵衛川は大通りの下を進んでいきました。

道路を渡りさらに源兵衛川を追って進むと川幅が少し広くなりました。

さらに進むとちょっとした緑地に出ました。

緑地を抜けると国道1号線にぶつかりました。

源兵衛川を追って国道1号線を渡ると、終着点である「中郷温水地公園」に到着です。

IMG 1580

源兵衛川の水は湧き水で冷たいので、そのままでは田んぼや畑の農業用水として使えないので、水を貯めて温めるためにこの中郷温水地があります。

池には魚や鳥がいてのんびりとした空間が広がっています。

「中郷温水池公園」野鳥や四季の風景を楽しみながらウォーキングができる

三島の国道1号線の脇にある「中郷温水地公園」の整備が終わったので行ってみました。 きれいで自然豊かな公園で、池ではたくさんの野鳥が泳いでいる気持ちの良い公園でした。

続きを見る

すぐ近くにはスターバックスコーヒーもあるので、散歩の休憩におすすめです。

IMG 6248a

広々とした開放感のある空間でコーヒーを飲みながらゆったりと過ごせる、個人的にお気に入りのお店です。

「スターバックスコーヒー三島玉川店」(カフェ)に行ってきた

以前は家の近くにスタバがあったので、ちょくちょく本を読んだり友達と話をしたりのんびりしたいときに行っていたのですが、近所にスタバがなくなってからはそもそも外にコーヒーを飲みに行くこともほとんどなくなり ...

続きを見る

 

まとめ

今回はぼくがこのブログで紹介した中でも一番と言って良いほど好きな源兵衛川を紹介しました。

源兵衛川は「都市」「緑地」「水辺」の3つがとても良いバランスで組み合わさっている最高の空間だと思っています。

疲れたときに日常を忘れて水のせせらぎに耳すませて歩くだけでリラックスができます。

この素晴らしい場所をみんなに知ってほしい(本当はあまり混雑してほしくないけど)、そして感動した人がこの空間を守り、育て、同じ様な素晴らしい空間を作る気持ちを持って欲しいと思って紹介しました。

仕事や勉強に疲れたときには、源兵衛川に足を浸してビールやジュースでも飲んでのんびりしてリラックスしましょう!

スポンサーリンク

今月のおすすめ記事!

1

梅雨が開けてだんだんと暑くなってくる7月。 子供も夏休みに入るので、家族でお出かけをする機会も増えますね。 そこで、7月におすすめのお出かけスポットについてまとめました。 暑い時期なので、水遊びなどの ...

2

西伊豆の「田子瀬浜海岸」というところに行ってきましたが水の透明度がすごい!! 伊豆でも青い海って見られるんだと感動しました。 石が多い海岸ですが、その分カニやヤドカリ、魚などの生き物が豊富なので、子供 ...

3

以前から行きたかった沼津市にある「らららサンビーチ」。 水の透明度は高く、生き物も多くいて、ライフセーバーもいる安全な海水浴場で、大満足でした。 子連れで行くには最高の海水浴場でしたが、その理由を説明 ...

4

暑い時期は子どもを連れて遊びに行くなら水遊びができる場所のほうが良いですね。子どもは水で遊んで涼しいですし、おもいっきり遊べば夜はしっかり寝てくれますし。 そこで、裾野とその周辺、三島、沼津、御殿場、 ...

5

2018年に行った場所、食べたものなどいろいろなことを記事にしてきました。 その中から特におすすめの店、何度も行きたい場所などをピックアップして厳選記事として紹介します。 お出かけの参考にしてみてくだ ...

-ぶらぶらスポット, 三島

Copyright© すそのナビ , 2019 All Rights Reserved.