裾野ナビ

〜裾野市民のための生活情報サイト〜

*

【三島】伊豆フルーツパークのいちご狩りに子どもと行ってきた。予約とクーポンを忘れずに!

      2015/06/17

IMG 5769

 うちの子供がいちごが好きなのですが、いちごって結構高いから思いっきり食べさせてあげられないですよね。一度思いっきり食べさせてあげたいと思って子供もずいぶんと歩けるようになったので、家族でいちご狩りに出かけました。

 場所は、以前から気になっていた「伊豆フルーツパーク」です。

 口コミで悪い評判も見ましたが、まったくそんなことはなくかなり満足して帰ってきました。

 

◆伊豆フルーツパークの基本情報

名称  :伊豆フルーツパーク
所在地 :静岡県三島市塚原新田字舟ヶ久保181−1
電話番号:055−971−1151
営業時間:8:30〜20:30
定休日 :年中無休

 裾野から行く場合は、246号線を下って伊豆縦貫道に乗って伊豆方面に行き、三島塚原インターで降りればすぐ目の前にあります。

 それにしても前から気になっていましたが、この場所で「伊豆」という名前はどうかと、、、

 どちらかというと箱根の登り口なので箱根っぽい感じもしますが、「箱根」と「伊豆」の知名度の高い名前で悩んで最終的に伊豆にしたんでしょう。

 

◆フルーツ狩りをしないと面白くない

 以前一度遊びに行った時は、フルーツ狩りをしないでどんな場所なのか見に行ったのですが、フルーツ狩りをしないで、ご飯も食べないとそんなに面白い場所ではありません。

 売られているのは基本的にお土産ですし、地元の野菜なども売られていましたが、種類が少なくて一般的な野菜も少ないので道の駅のような感じとはまたちょっと違います。

「以前の伊豆フルーツパークの記事」

 

◆フルーツ狩りは3種類

 フルーツ狩りは「イチゴ狩り」「メロン狩り」「みかん狩り」の3種類です。それぞれの季節と一番高い時期の大人料金は、

・イチゴ狩り  1月〜5月  1,944円
・メロン狩り  6月〜9月  1,944円
・みかん狩り  10月〜12月 1,188円

です。 時期によって食べられるフルーツが違って年中いつでもどれかは食べられるようになっています。

 

◆伊豆フルーツパークに決めた理由

 いちご狩りに行くと決めたときにどこへ行こうかといろいろと検討しました。

 静岡で他に有名なイチゴ狩りの場所といえば静岡市の久能山の石垣いちご。ちょっとドライブがてらにも良いかと思って検討しましたが、総合的に考えたら伊豆フルーツパークがよかったです。

 料金はどこも同じような感じでしたが、伊豆フルーツパークにした決め手は「時間無制限」「練乳おかわり自由」でした。

 だいたい30分というところが多いのですが、30分だとあせってしまいゆっくり出来ませんし、子供連れだと子供の面倒も見ないといけないので時間制限されると慌てます。その点、時間無制限だとのんびり食べられるので良いですし、その分たくさん食べれます。

 練乳おかわり自由も意外とポイントでした。

 

◆予約は必須

 予約なしで行けるところも多いですが、伊豆フルーツパークのイチゴ狩りは予約必須ですので、電話で予約しましょう。ちなみに当日でも良いそうです。

 今回、「伊豆フルーツパーク」「クーポン」で検索したら100円引きのクーポンが出てきたので、予約前には一度チェックしてみると良いと思います。

 

◆受付からビニールハウスへ

 天気はあいにくの雨でした。なんとなくイチゴ狩りって晴れているときに行くというイメージがあったのでちょっとテンション下がります。

 到着して車を停めて建物の入り口に入り、すぐ左手に受付カウンターがあるので予約した時間に行きました。

IMG 5758

 カウンターで印刷してきたクーポンを提示して100円引きにしてもらい、料金を払います。

 イチゴ狩りの料金はシーズンによって4段階に分かれていて、1,944円、1836円、1,728円、1,296円となっていて、今回は3月11日〜4月10日の1,728円からクーポン使って100円引きになりました。

 支払いをしてチケットを受け取ります。

IMG 5759

 入園券と館内で使える割引券をもらいました。

 このチケットを持って建物を正面から見た時に右側にあるビニールハウスに向かいます。

IMG 5760

 ビニールハウスに入るとスタッフの方がいるので、チケットを渡すと練乳入りのヘタ入れをくれてルール説明があります。

IMG 5761

 時間は無制限で練乳はとなりに置いてあるので自由に継ぎ足して大丈夫だそうです。

IMG 5787

 時間は無制限ですが、ビニールハウスの出入りは出来なくて、一度出るとそこで終了だそうです。そのため、トイレは必ず事前に行っておいた方が良いです。いちごは水分が多いのでトイレに行きたくなりますし、ビニールハウスにはトイレがないです。


◆熟したきれいなイチゴがたくさん

 イチゴ狩りってしゃがんでするというイメージがありましたが、ここのビニールハウスは2段になっていて、たったままの位置でも簡単に取れるところにもイチゴがあるので姿勢が楽です。

IMG 5762 

 ですが、高い位置のイチゴはすでに取られてしまっているのも多いので、しゃがんだ方が美味しそうなイチゴがたくさんあります。

IMG 5763

 床がきれいで畑と違って歩きやすいし子供が歩いても安心です。イチゴがぶら下がっているので簡単に取れます。ビニールハウスの中はきれいですが、しゃがんだりするので動きやすい格好で多少汚れても良い格好の方が良いと思います。

 この日は雨でちょっと寒いくらいでしたが、温度は調度よかったです。天気の良い日はかなり暑いらしいので服装も考えて行ったほうが良さそうです。

 子供は1歳1ヶ月なのですが嬉しそうに30個位は食べていました。ちなみに3歳以下の子供は無料です。

 自分の食べた数は50個くらいまでは数えていたのですが、途中からわからなくなって最終的には130個くらいは食べたと思います。最初はそのまま食べて、飽きたら練乳をつけて、またそのまま食べてを繰り返していました。

 品種は「あきひめ」だそうです。よく熟しているものは酸味が少なめで練乳をつけなくても十分に甘くて美味しいです。

 平日の11時に予約していったのですが、団体客もいなくて個人客だけだったのでゆっくりと1時間くらいかけて食べました。他に居たのは5組くらいでした。

 持ち帰りたい人には1,000円で大きな持ち帰り用のパックが売られていて、自分で選んだイチゴを持ち帰れるそうですが、パックも結構大きいのでおすすめです。

 10年ぶりくらいのイチゴ狩りでしたが思ったよりも楽しめました。久しぶりに行ってみるのも良いものですね。かなりたくさん食べましたが、いちごって不思議と飽きないですね。

 - フルーツ狩り, 三島, 子連れスポット, 室内スポット , , , , , ,