『湯河原 飯田商店』ららぽーと沼津で究極の醤油ラーメンを食べてきた! - すそのナビ

ラーメン 沼津

『湯河原 飯田商店』ららぽーと沼津で究極の醤油ラーメンを食べてきた!

更新日:

ららぽーと沼津のフードコートの中で一番賑わっているお店「飯田商店」に行ってきました。

休日は60分待ちもあり、平日の夕方5時でも行列ができている超人気店で20分並んでやっとラーメンをいただくことができました。

湯河原 飯田商店ららぽーと沼津店の基本情報

名称 湯河原 飯田商店
住所 静岡県沼津市東椎路字東荒301番地3
電話番号 055-957-3955
営業時間 10:00~21:00(ラストオーダー 20:30)
定休日 ららぽーと沼津と同じ
駐車場 有り
HP 飯田商店公式
ららぽーと店公式

 

アクセス・駐車場


ららぽーと沼津は沼津の国道1号線沿いにあります。

駐車場はたくさんありますが、休日は混雑するので注意してください。

「湯河原 飯田商店」はららぽーと沼津の3階にある「フードコート」の中にあります。

 

常に行列!湯河原の飯田商店

「湯河原 飯田商店」は神奈川県の湯河原に本店があるラーメン屋です。

本店は朝から整理券を配布するくらいの人気店。

「情熱大陸出演」「食べログ神奈川県1位」とか、とにかく有名なお店。

インスタントラーメンも発売しているけど、それもものすごく美味しいと評判。

さらにレシピ本の出版も。

 

ららぽーと沼津のフードコートで一番人気

そんな有名で人気の飯田商店ですが、ららぽーと沼津のフードコートにテナントとして入ることになり、開店前から大騒ぎでした。

プレオープンでフードコートに行ったときには「60分待ち」

 

この日は木曜日の夕方17時に訪問したのですが、それでも20分待ちでした。

平日の夕方だったので他のお店はガラガラなのに、飯田商店だけは大人気。

湯河原の本店では朝一の整理券に100人が集まることもあるほど人気のようです。

 

ららぽーと沼津のお店でも休日なら60分待ちということもあるので、20分なら空いている方なんでしょうね。

お店の外観には店主の写真や原材料の生産者と思われる写真が飾ってありました。

注文するまで20分待ちだったのですが、スマホを眺めたりしていたら意外とあっという間でした。

待ち時間を考慮してお腹が空く前に並んでいたので、お腹的にも丁度良い感じ。

 

【メニュー】厳選された3つだけ

湯河原飯田商店のメニューはシンプルに3つだけ。

メニュー

  • 醤油らぁ麺 900円
  • 醤油チャーシュー麺 1,200円
  • プレミアムしゅうまい 450円

その他のメニューは近日公開と書かれていました。

人気過ぎてメニューを増やすとオペレーションが追いつかなくなるからなんでしょうね。

お店のカウンターの上には厳選激戦素材を紹介した紙が置いてあったので、内容を紹介します。

【麺】自家製麺 自家製粉 卵なし

  • 片岡農園はるゆたか を自家製粉
  • はるゆたか
  • きたほなみ
  • 内モンゴル天然由来のかんすい
  • 沖縄の塩 ぬちまーす
  • 逆浸透膜水

【鶏スープ】

  • 鹿児島県産 黒さつま鶏黒王 丸鶏、ガラ(NSファーム)
  • 秋田県産 比内地鶏 丸鶏、ガラ

【魚介スープ】

  • 天然羅臼昆布
  • 養殖真昆布
  • 枕崎産枯節
  • 鯖節
  • 宗田節
  • 瀬戸内産白口煮干し
  • 山形県産マッシュルーム

【醤油ダレ】

  • 兵庫県足立醸造木桶仕込み有機醤油
  • 兵庫県末広醤油薄口、再仕込み
  • 愛知県産丸又商店3年熟成たまり
  • その他全7種の天然醸造醤油をブレンドし自家火入れ

【チャーシュー】

  • モモ焼豚(希少部位であるしきんぼうという柔らかい部位を中心に使用。それを一度焼き目を入れてから、炭を藁で燻製し、仕上げに真空低音調理)
  • ロース(相模豚のロースを自家製タレに漬け込み10時間低温火入れ)

【有田焼ラーメン鉢】

  • ラーメン業界の先人が考案したもの

【水】

  • 逆浸透膜水(ほぼすべての不純物をろ過した純粋)

※全て湯河原のセントラルキッチンで手作りし、素材の旨味だけで勝負します。素晴らしき生産者たちのお力と我々の技量のみです。化学調味料は一切使いません。

鶏のスープだけで2種類の鶏、魚介スープには7種類の食材を組み合わせるというこだわり。

醤油ダレにも7種類の醤油が使われているんですね。

こうやって書かれると、本当に厳選、、、激選された素材だけを使っているのがわかります。

注文してからは5分くらいでラーメンとシュウマイができたので、席に運んでさっそくいただきました。

 

究極の醤油ラーメン!

こちらが「醤油らぁ麺(900円)」「プレミアムしゅうまい(450円)」です。

シンプルですが、きれいに盛り付けられています。

具材は「チャーシュー2枚・メンマ・三つ葉」のみ。

スープは透明感のある醤油色をしています。

丼を受け取るときに最後にかけてくれた油が浮いていますが、あれは何の油だったのでしょう?

香りがしないのでごま油ではなさそうです。

 

まずはスープを一口。

シンプルな見た目とは裏腹に様々な醤油が合わさった奥深い味と、濃縮された旨味を感じる複雑な味のスープです。

後味はとてもスッキリしています。

「醤油スープでここまでの味が出せるのか!」と感心する味で、究極の醤油スープだと思います。

 

ちょっと画像がボケていますが、麺はストレートの細麺です。

細いのにコシがあって、のどごしも良くツルツルと喉の奥に運ばれていきます。

ただ、スープに対して麺の割合が多いのか、粉がしっかり落ちてなかったのか、麺が塊になりやすかったのは残念でした。

 

スープも良いですが、チャーシューが素晴らしい!

シンプルに塩だけで味付けされた豚肉で、脂肪が少なく肉々しさが感じられます。

しっとりしていてスジが全然ないのでとても食べやすい。

普段はあまりチャーシュー麺を頼まないのですが、チャーシュー麺にすれば良かったと後悔するほど、美味しいチャーシューでした。

 

スッキリした味わいのスープなので、気がつけば飲み干していました。

佐野実さんの醤油ラーメンに似ているなと思っていたのですが、調べてみると飯田商店の店主の方は佐野実さんを尊敬していて、そのラーメンを研究したそうです。

佐野実さんのラーメンが好きな人は、こちらも好きになる味だと思います。

 

プレミアムしゅうまいはおとなしめ

唯一のサイドメニューである「プレミアムしゅうまい」もいただきました。

半分に割ってみると適度に水分はありますが「肉汁ジュワ〜」という感じではないです。

具材は肉が多めですが、野菜の甘みも感じられますが、ちょっとおとなしめの味付け。

個人的には醤油やカラシをつけて食べたいかな。

 

まとめ

ららぽーと沼津の湯河原 飯田商店についてまとめると、

まとめ

  • 休日には60分待ちも
  • 平日でも20分待ちだった
  • 湯河原にある本店はさらに大人気らしい
  • 全国的に人気のラーメン屋
  • 本店に比べると気軽に食べられる
  • 選びに選んだこだわりの原材料を使っている
  • 今までで最高レベルの醤油ラーメン
  • チャーシューもレベル高い
  • シュウマイは優しい味付け

という感じでした。

正直、醤油ラーメンで900円は高いかなと思っていましたが、食べれば納得できるクオリティ。

シンプルな醤油ラーメンでも極めればこんな美味しくなるんだとわかりました。

【ららぽーと沼津の求人】

ららぽーと沼津は人手不足で困っている店舗が多いので、給料の高いバイトが多いです。

時給1,500円〜というところもあります。

ららぽーと沼津の仕事はタウンワークから検索できます。

公式タウンワークで「ららぽーと沼津」の求人を見る

ららぽーと沼津の求人はコチラ

関連記事
実食レポート!『沼津のおすすめラーメン屋6選』を地元ブロガーが紹介

沼津はラーメン店が多く個性的な店もたくさんあって、ラーメンめぐりが楽しいエリアです。 そんな沼津市内のラーメン店を巡って出会ったおすすめしたいお店を紹介していきます。

スポンサーリンク

関連記事

-ラーメン, 沼津

Copyright© すそのナビ , 2019 All Rights Reserved.